無料ブログはココログ

Nippon blog mura

Kagoshima Line photography place guidance

  • テンハル(その1)
    鹿児島本線の撮影スポットガイド

Nagasaki Line photography place guidance

  • 大楠踏切
    長崎本線の撮影スポットガイド

The Productions

  • 800系運転台
    採用作品など

Travel

Wednesday, 15 May 2013

at the tower…TOKYO SKYTREE

2013_05_13a


このブログは鉄道のブログだろ?鉄道写っとらんやろうが!!



・・・と思った方、よーくごらんください。



東北・北海道方面への輸送基地

隅田川貨物駅がお分かりでしょうか??



以上、高所恐怖症のMON10Sが頑張って上って撮って来ました(笑)




2013_05_13b


いや、だけん幾らスペーシアが見えても怖いって!


マジで勘弁してください(涙)





〔2013.5.13 東京スカイツリー/iPhone4S〕

にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

Sunday, 06 September 2009

球磨盆地・米どころ

人吉へは、「人吉・球磨フリーきっぷ」を使いましたので、この際と思い、「くま川鉄道」にも乗ってきました。

20090828e

▲くま川鉄道の車内から。広々した盆地にもうすぐ実りを迎える稲がどこまでも続いて、いい景色でした。

  ローカルな風景で列車の写真を撮りたいですね。

Continue reading "球磨盆地・米どころ" »

Friday, 04 September 2009

夏の思い出

8月も終わりが近いある日、2人の子供を連れて念願の「SL人吉号」に乗ってきました。

20090828a

最近は前ほど汽車に興味を示さない長男坊も、娘もことのほか喜んでくれて、連れて行った甲斐がありました。


途中、列車の写真を撮りに2人を座席に置いてホームへ出て、戻ってみると娘が「おとうさんがいない!」と大泣きしていました・・・・・・


ごめ~ん!!お父さんもSL撮りたいんだよ。兄ちゃんいるから大丈夫だと思ったのに。


おかげで、娘は「おとうさんがいなくなるから、もうSL乗らない!!」と少しおかんむりでした。反省。


でも、蒸気機関車の汽笛っていいですね。本当に魂を揺さぶれるような響きでした。


今度はお母さんとあっくんもいっしょに乗りに行こうね!


〔2009.8.28 肥薩線 SL人吉号車内にて〕

Saturday, 07 March 2009

「はやぶさ」、肥薩線を往く(3)

  肥薩線の旅のレポート、もうしばらくお付き合いください。

Cimg3297a
▲人吉駅では、ツアーについてきたお弁当を食べました。
  このパッケージはED73からC61にバトンタッチしているシーンでしょうか。 こういう時代もあったんですね。

Cimg3299a
▲中身はこんな感じです。
  「はやぶさ」型の卵焼きが泣かせます。寝台特急のシンボル、人参でつくった星に、海老の下には「さくら」型のかまぼこまで。
  一番うまかったのは「辛子蓮根」!焼酎がほしい!!

Imgp4140a
▲人吉駅では、往年のブルートレインのヘッドマークをつけて撮影会も行われました。
  これは懐かしの「みずほ」。
  他にもいろいろとあったんですが、余りの人の多さに加えて子どもに弁当を食べさせていたので、撮ったのはこれだけです。

Imgp4154a
▲帰路は、「さくら・はやぶさ」のHMで運転されました。
  「さくら」廃止のときも、ずいぶん鳥栖駅まで息子と見に行ったな~と、これもちょっと懐かしい雰囲気。

Imgp4163a
▲こうして、「はやぶさ」で往く肥薩線の旅は無事に終わりました。
  15時30分過ぎに熊本駅に到着。となれば、もうこれを撮るしかありません。
  正真正銘の42レ「はやぶさ」を撮って、きょうは終了。

子どもを「はやぶさ」に乗せて鉄道博物館へ連れて行ってやろう、と思っていましたが、結局その目標はかないませんでした。

今回、こういう形ではありましたが本物の「はやぶさ」編成の列車に乗せてやることができ、子どもたちも喜んでくれたようなので、ひとまずホッとしています。

〔2009.3.1 肥薩線 人吉駅/鹿児島本線 八代駅・熊本駅〕

追伸:今回、このツアーで席をご一緒させていただいた、菊池からお見えになった御夫婦さまには大変お世話になりました。
   子どもたちもおじちゃんとおばちゃんとお話ができて、楽しかったと喜んでいました。
   いつかトワイライトに乗りたい、という夢がかなうといいですね。

Friday, 06 March 2009

「はやぶさ」、肥薩線を往く(2)

前回の続きです。

Imgp4102a
▲この座席も、もう座ることはないのかな~と思うと、なんだか切ない気持ちになってきます。

Cimg3246a
▲・・・・・・大人の感傷とは裏腹に、子どもは上段で大騒動。

Cimg3292a
▲これは私が知らない間に一勝地駅で息子が撮ったもの。
  コンデジのセピアモードで撮ったらしいんですが、いつの間に君はデジカメの操作を覚えたんだい??

Imgp4128a
▲人吉駅でのひとコマ。
  わかりにくいですが、くま川鉄道の車両が見えます。

〔2009.3.1 肥薩線 一勝地駅・人吉駅〕

   

Tuesday, 03 March 2009

「はやぶさ」、肥薩線を往く(1)

今回の「はやぶさForever・日帰り肥薩線の旅」は子どもの念願であった「はやぶさ」乗車が目的でしたし、2人兄妹(無論キャスバルとアルテイシアではないw)を連れての道中でしたので、ローカル線の旅を楽しむことにして撮影はあんまり力をいれませんでした。

それでも、撮った写真の中からいくつかピックアップして御紹介します。

Imgp4091a
▲熊本駅5番ホームに滑り込むDE10と14系客車。

  プッシュプルで入ってきたので、ずっとプッシュプルで行くのかなと思いましたが、この1206号機は切り離され、1195号機単独の牽引でした。

Imgp4093a
▲客車のサボには懐かしい名前が・・・・・・「かいもん」ですよ「かいもん」。

  他にも「はやぶさ」を初め「なは」、「明星」、「みずほ」。

  熊本駅にしてブルトレ祭り炸裂。

Imgp4095a
▲「ビカビカ」に磨き込まれた1195号機と「はやぶさ」HM。

  ヘッドマークはクラシックな色遣いなので、もしかしてこのイベントのため新製!?

Imgp4109a
▲八代駅での撮影タイムにて。

  天気が良すぎて、相当絞ったのに白トビしまくり(´;ω;`)ウウ・・・

  かろうじて「はやぶさ」とわかるか‥‥‥

〔2009.3.1 鹿児島本線 熊本駅・八代駅〕

Wednesday, 05 November 2008

北陸道の出会い(4)

福井で用を済ませた後、武生でもひと仕事ありましたので、再び列車の旅となります。

福井駅の様子から。

01cimg2612
▲越美北線用のキハ120。塗装が違うと、ずいぶん印象が変わるものです。

02img2614
▲わかりにくいですが、419系です。九州の715系は消えてしまいましたが、寝台電車の生き残りがここに!

03cimg2615
▲そして、福井から武生までの短い距離ですが、念願の485系「雷鳥」の乗りました!

04cimg2618
▲乗車したのはサハ481。乗り心地は、はっきり言ってイイです。
  サンダーバードも悪くないんですが、軽い感じの神経質な揺れがなく、落ち着いています。「重厚な」乗り心地とよく雑誌で見ますが、乗ってみて納得。

05cimg2619
▲室内の様子。デザインは古いかもしれませんが、これまた落ち着いた感じがリラックスできます。

06cimg2667
▲武生での用を済ませ、名物の越前そばをいただきました。
  初めて食べましたが、とにかく辛い!!でもウマい!!

07cimg2669_2
▲武生から「サンダーバード」で新大阪まで。新大阪からは御存じN700で九州へと戻りました。

初めての北陸道で、魅力的な列車、特に485系に乗れたことは非常によかったです。
また機会があれば、北陸に出かけてみたいと思います。      

Monday, 03 November 2008

北陸道の出会い(3)永平寺へ

福井では多少時間が空いたので、有名な永平寺へ行ってみました。

拝観受付の午後4時30分ギリギリの到着でしたが、どうにか見学をすることができました。

01cimg2607
▲私は神社仏閣や城など見て回るのが結構好きで、時間ができたら日本中の神社や寺、城を列車で見て回りたいと思っています。
   永平寺も、いずれまたゆっくりと訪れてみたいと思います。
 

02cimg2609
▲永平寺へは、行きは福井からの直行バス、帰りはバスと、この永平寺口駅から「えちぜん鉄道」を利用しました。
  ちょっとブレていますが、永平寺口駅はなかなかイイ味出しています。

03cimg2608 
▲永平寺口駅の中を。たくさんの列車の写真が飾られています。
  切符を買うと、昔懐かしい例のハサミで、「パチン!!」と気持ちよく切符に鋏を入れてくれました。
  やっぱり切符はこうでなくっちゃ!と思った瞬間でした。

04cimg2611
▲この単行の電車で福井へと戻ります。
  ここも富山ライトレールと同じく、地域の足として欠かせない存在感がありました。
  がんばれ!えちぜん鉄道!!

  次回は、北陸の旅もいよいよ大詰め。福井駅の様子をお届けします。  

Sunday, 02 November 2008

北陸道の出会い(2)

翌日、富山から福井へ移動します。
富山駅で出会った列車たちです。

01cimg2572
▲改札をしているときに、目の前を国鉄色のキハ58が発車!
  なんとかシャッターを切ったものの、ごらんのとおりでした。もう少し早く駅に来るべきでした。
  後で調べてみると、どうやら富山鉄道部所属のキハ58とキハ28のようですね。

03cimg2577
▲キハ58のあとにやってきた、683系「しらさぎ」。初めて見た!

05cimg2576
▲高山本線を走るキハ120。

04cimg2573
▲前後で色が違います。津山線で乗って以来、何年振りかのキハ120でした。

06cimg2575
▲DE10牽引の貨物列車。編成はコキ100系+コキ200+コキ50000でした。
  このタイプの更新色のDE10も初めてです。

02cimg2580
▲そして、この「サンダーバード」で一路福井へと向かいます。(続く)      

Saturday, 01 November 2008

北陸道の出会い(1)

10月下旬、北陸地方へ出かける機会を得ました。

個人的な旅行ではなかったので自由に動けませんでしたが、その中で出会った列車や風景をアップします。

01cimg2535
▲やってきたのは富山。博物館になっている富山城。

02cimg2540
▲富山と言えば、やっぱり「富山ライトレール」!
  乗客もけっこう多く、しっかりと地域の足として活躍しているようです。プロジェクターライトがカッコいい!!

03cimg2541
▲運転席を。ここで見る限り、右手で操作するワンハンドル式のようですね。
  最新式でも、やっぱりスピードメーターはアナログが見やすいのかな?

04cimg2542
▲ライトレールに乗って、東岩瀬駅へ。
  JR富山港線時代の駅舎が唯一残っており、休憩所として使われています。

05cimg2551
▲東岩瀬駅から徒歩で散策。このへんは旧街道沿いに景観を整備してあり、在りし日の岩瀬のまちの雰囲気がいい感じでした。
  これは北前船回船問屋・森家ですが、かなり遅い時間に行ったので見学はできませんでした。

06cimg2560
▲帰りは岩瀬浜駅からまたライトレールに乗ります。
  テールライトがおもしろい形ですね。   

  次回は富山駅の様子を御紹介する予定です。