無料ブログはココログ

Nippon blog mura

Kagoshima Line photography place guidance

  • テンハル(その1)
    鹿児島本線の撮影スポットガイド

Nagasaki Line photography place guidance

  • 立石踏切
    長崎本線の撮影スポットガイド

The Productions

  • 甘鉄の春
    採用作品など

« on the field…Kakizono,Omuta-city | Main | on the road…Sakaemachi,Omuta-city »

Thursday, 26 September 2013

on the field…Kakizono,Omuta-city

2013_09_23e


仮屋川操車場を望む。




〔2013.9.23 三井化学専用鉄道 仮屋川操車場/PENTAX K-5Ⅱs〕

にほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へ
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

« on the field…Kakizono,Omuta-city | Main | on the road…Sakaemachi,Omuta-city »

Comments

昨年9月上旬まで「長溝川踏切」がこの写真の場所にあったので、DE10構内貨物と三井化学専用鉄道の第2便貨物の並びが撮れました。今は苦しい条件付(片方は動いているので並びとは言わない)なら並びは撮れますが・・・・。

UTXC様 こんにちは

新しくできた立体交差のところですね。たしかに踏切だと、仮屋川構内がよく撮れそうでした。

第2便というのは、仮屋川→宮浦へ1151で着いた貨車を輸送するという理解でいいんでしょうか?

こんばんは
はい、第2便はそういう意味・扱いです。第1便や第2便という呼び方をみなさん(一部限定)していますね。私もその方達の真似をしています。その方達とは古くからの三井化学専用鉄道(三池鉄道時代含む)の博士や先生方です。私なんて足元にも及びませんよ。一度会ってみますか?(笑)

ただ季節によっては仮屋川操車場構内の両雄(DE10と45t電車)がお顔真っ暗(半逆光)になることもありました。斜め並びなら撮れそうな場所ありますが、私有地なのであきらめています。

UTXC様 おはようございます

ありがとうございます。
つまり、1便と2便の間に、機関車が単機回送で往復するわけですね。

巨匠以上の専門家がいるとは、想像がつきませんね~。まだまだ初心者な私は、きっと話についていけないと思います。

現在(ここ数年)の三井化学専用鉄道で私と同じくらい熱心な撮り鉄さんは2名(今朝宮浦で御一緒しました(*^▽^*)/います(大牟田市外の人達)。また先のコメントに書きました「博士」「先生方」とは三池鉄道時代の頃から電車や貨車、駅、歴史などを細かく研究・記録されている方なので主な活動内容は私とは大きく異なります。

UTXC様 こんばんは

最近、三池炭鉱関連の産業遺産も世界遺産登録の申請登録をするそうですが、この三井化学専用線も十分その価値ありですね。
研究のし甲斐もあるんじゃないでしょうか。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference on the field…Kakizono,Omuta-city:

« on the field…Kakizono,Omuta-city | Main | on the road…Sakaemachi,Omuta-city »