無料ブログはココログ

Nippon blog mura

Kagoshima Line photography place guidance

  • テンハル(その1)
    鹿児島本線の撮影スポットガイド

Nagasaki Line photography place guidance

  • 大楠踏切
    長崎本線の撮影スポットガイド

The Productions

  • 800系運転台
    採用作品など

« at the point…TENHARU | Main | at the station…Kagoshima-Chuo »

Wednesday, 22 February 2012

on the field…Harakoga,Tosu

2012_02_12c


「翼」へ向かって……。




〔2012.2.12 長崎本線 新鳥栖‐肥前麓/K-7〕




2012_02_12d


ついて来た娘がiPhoneで撮った1枚。

「おとうさん、ナナメに撮っていい?」と聞いてきたので

どんなのが撮れてるかと思ったら

そのセンスに驚愕……coldsweats02

« at the point…TENHARU | Main | at the station…Kagoshima-Chuo »

Comments

撮り方や視点が変われば見方や感じ方も大きく変わりますね。そんな1枚に見えました。私もたまにわざと傾けたりします。真っ直ぐ延びるレール(線路)を構図の頂点同士で結ぶ、いわば対角線の如く撮ると、「線路は続くよどこまでも」感がさらに引き出せます。新幹線の高架橋を真下から対角線で撮ると奥行きが倍増され、違う世界に迷い込んだような錯覚を覚えます(私だけの感性かもしれませんが(笑))

いやー、青空のもと、ほほえましいですね。
うちの子も、そうやって教育しよう・・・。

新鳥栖の駅は、遠くから見ると確かに翼ですね。
この駅ではまだ降りてないので、ぜひ観察したいです

こんばんは。
子供の感性は大人とはまったく違いますからね~
びっくりするようなものを撮ったりするかもしれませんね!

UTXC様

まったくおっしゃる通りですね。同じ場所でも撮り方で、なんだか違う世界のような感じまでします。
せっかく広い世界を相手に撮っているので、広がりのある画にするためにもたまには傾けて撮ってみるのもいいんじゃないかと思いました。

leaves様

娘は、まだおとうさんとどこかに行く、というのが楽しくてついてきているみたいです。
時々内緒でアイスクリームなんか買ってるので、何かを期待しているんでしょうね(笑)

新鳥栖駅は「鳥」にちなんで翼をモチーフにしています。ブルネル賞受賞の駅舎ですので、一見の価値ありですよ!

トシ様

本当におっしゃるとおりです。
「写真はこうあるべき」という固定観念に、いつの間にか捉われていたのがよくわかります。

型にはまらず、子供目線で自由に撮らないといけないですね。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214880/54049969

Listed below are links to weblogs that reference on the field…Harakoga,Tosu:

« at the point…TENHARU | Main | at the station…Kagoshima-Chuo »