無料ブログはココログ

Nippon blog mura

Kagoshima Line photography place guidance

  • テンハル(その1)
    鹿児島本線の撮影スポットガイド

Nagasaki Line photography place guidance

  • 立石踏切
    長崎本線の撮影スポットガイド

The Productions

  • 甘鉄の春
    採用作品など

« Shinkansen festa in KUMAMOTO 2011 vol.1 | Main | 58654…vol.2 »

Monday, 31 October 2011

Shinkansen festa in KUMAMOTO 2011 vol.2



昨日からの続きです。

2011_10_30c


検修庫で乗客を降ろす臨時列車を正面から撮ってみました。

ちなみにレインボーラッピングR10編成で、このあとは車内清掃をしていたので

営業運転に戻ったようです。

下回りの点検用に人が入れるようになっていますけど、

「まるで新幹線が浮かんでるみたい」とはヨメごの弁。



2011_10_30d
こちらは展示車両の800系U007編成。

車内の見学や、運転台の見学ができる車両でした。



……で、運転台の見学なんですけど、一般入場者はなんと抽選になっていました。

我が家一行はというと、子供3人「JR九州 鐡道クラブ」に入会しておりまして、

このツアーに参加すれば無条件で運転台見学できる特典付きでした。


いや~、以前博多総合車両所で2時間待ちをあきらめたことがありますけど

入会させておいてよかった……


「子供をダシにして、大人のやることですか!」とバナージ君風に非難されそうですが

「それが大人の特権だ」……フッフッフ。


2011_10_30e

順番回ってきました。

想像していたよりも、ずっと広い800系の運転席。

薄暗い感じなんですけど、オレンジのラインが入って雰囲気は明るいです。



見学時間は、ひとグループ2分。ちゃんとタイムキーパーまでいてキビシイ~。

人気なので仕方ないですが、子供3人記念撮影しているとあっという間です。



2011_10_30f

せっかくなので、自分も座ってみました。

運転士さんの目線って、こんな感じでしょうか。(ワイパー邪魔そう)

マスコンもちょっと触ってみました。カッコいい~

でも2分は短い……本当にあっという間でした。



あとは場内をブラブラ見学した後、弁当食べて帰ろうと思ったんですけど

雨でどこのテントも満員。

仕方なく、早めに切り上げて帰りの新幹線の中で食べることにして、

熊本総合車両所をあとにしたのでした。



雨の中の新幹線フェスタでしたけれども、

ヨメさん初め子供たちもみんな「楽しかった」と喜んでくれたのが何よりでした。



〔2011.10.30 新幹線熊本総合車両所/K-7〕

« Shinkansen festa in KUMAMOTO 2011 vol.1 | Main | 58654…vol.2 »

Comments

運転席良いですねぇ。
もっと機器がゴテゴテしてるかと思いましたが、意外とシンプルな造りなんですね。

こんばんは。
800系は運転席にも加飾されているんですね~
まだ新幹線には座ったことはないですね!
電車でGO!で鹿児島中央までは運転しましたけど・・(笑)

こんばんわ。
貨物のイベントでEH500の運転台に入ったことがありますがそれよりもかなり近代化が進んでいるようですね。

個人的にはエアーウルフのような大量の計器・スイッチ類が並んでるほうが
魅力を感じるのですが(笑)
とはいえ大人になった今でも魅力を感じる"職場"であるのは間違いないですね♪

univ様

たしかにシンプルな構成ですね。
我らのトゥーランもそうですが、必要なものが必要なところにあるという機能美を感じます。

トシ様

オレンジのラインはおそらく水戸岡デザインではないかと思います。
ちょっとイタリア車っぽい雰囲気を感じました。
電車でGO!久しぶりにやってみたいです。

akky1973様

自分もEH500の運転台入ったことがあります。窓も広く、明るい感じでしたけれど、新幹線は先頭車の絞り込みもあって、かなりタイトな感じです。計器類はすべてモニター表示ですね。

やーも様

強いて言うなら、エアウルフのセカンドシーズン以降の、改装されたコックピットに近いですね。
計器はすべてデジタルですし。

近代化した運転席ですが、おっしゃるとおり「職場」といった雰囲気は満点です。
ちなみにターボ点火もできませんし、太陽弾もシュライク・ミサイルも出ません。

JR九州鐡道クラブですか・・・なんと、このようなファンサービスがうれしいですね。
うちの子も入らせたいですよ。で、引率でバンバン山陽新幹線に乗りまくって九州へ・・・と野望が膨らみます。

今回もいいものを見せていただきました。
800系の運転席がこのようにオレンジの色がアクセントになっているとは!

leaves様

鐡クラでは、ほかにも乗務員訓練に使うシミュレーターを体験できるツアーとか、いろいろ楽しそうな企画がありました。
旅行がてら、御家族で九州に行く口実になりますね~

運転席まで念を入れた、さすがは「デザイン命」のJR九州だと妙に感心してしまいました。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Shinkansen festa in KUMAMOTO 2011 vol.2:

« Shinkansen festa in KUMAMOTO 2011 vol.1 | Main | 58654…vol.2 »