無料ブログはココログ

Nippon blog mura

Kagoshima Line photography place guidance

  • テンハル(その1)
    鹿児島本線の撮影スポットガイド

Nagasaki Line photography place guidance

  • 立石踏切
    長崎本線の撮影スポットガイド

The Productions

  • 甘鉄の春
    採用作品など

« 数年ぶりの再会・マヤ | Main | 梅雨入り前 »

Monday, 30 May 2011

闇鉄であそぼーい!

 
 
「あそぼーい!」の見学会は、実は密かにきょうもあったんです。

ホントかよ?!
 
 
2011_05_30a

営業列車を先行させるため、弥生が丘駅で停車中。

白黒2トーンカラーで「パトカー」などとも呼ばれていますけど、

パッと見の印象は引き締まった感じで悪くなかったです。



2011_05_30b
サービスなのか、回送なのに煌々と室内灯が点いています。

子供たちは、「乗りたい!乗りたい!」の大合唱。

とうとういつか乗せる約束をさせられてしまいました。

連れて来るんじゃなかったなぁ(笑)


でも、自分も子供と乗ってみたい……



2011_05_30c

ヨメごが「かわいい~」を連発していたくろちゃん。

列車待ちの女子高生もケータイで撮りまくってました。

こりゃ人気が出るでしょうなあ~



というわけで、弥生が丘駅で我が家だけ、まさに見るだけの見学会でした。



〔2011.5.30 鹿児島本線 弥生が丘駅/K-7〕
 

« 数年ぶりの再会・マヤ | Main | 梅雨入り前 »

Comments

こんばんは
さすがですね!一時期はどうなるかと思いましたが、見事に仕上がりましたね
そして、夜の車内もまたいい感じに
確かにお子様もこれは乗りたがるはずです。
ホントに九州の鉄道は、車両ごとに夢がありますよね
これだから、九州鉄道のファンがやめられなくなるんですよね(笑

これって、かつての「オランダ村特急」の再々々々婚のお色直しか?
九州はおもろいなぁ~行ってみたかばい!

確かにチビと一緒に乗ってみたいですねぇ。
でも、阿蘇って列車で行ってもその先の観光は不便ですよねぇ。

はまうてな様

室内をはじめ、乗りたくなる、乗ることが目的になり得る車両ですね。
旧ゆふDX時代の車内をよく知らないんですが、全面改装に近いんじゃないでしょうか。
また九州に来る目的ができてよかったですね。

急行くまの様

さすが師匠!御明察です。
もはや、最初がオランダ村特急とは思えないくらいに生まれ変わりましたばい。
新幹線に乗ってこんですか!

univ様

3号車は子供のためのデザインだそうで、本当に子供が喜びそうなデザインです。
ぜひまた乗り鉄してみてください。

たしかに阿蘇はクルマで行った方が何かと便利ですね~。
高菜めし食べたか~!!

こんばんは。
先日車内でクロちゃんのクリアファイルを購入しました。
これが一番実用的なグッズかも・・?
3号車前1/3は子供たちが遊ぶスペースになってます。博多駅のチャチャチャクラブだったかな?あれを凝縮した感じです。

トシ様 おはようございます。

そんなグッズもあるんですか~。ちょっとほしかったな(笑)
子供が遊ぶスペースは、なぜかそこだけブラインドが下ろしてあってよく見えませんでした。

あそぼーい!これはいずれ必ずや乗りにいきます!あの奥村美幸さま乗務であることを祈るばかりです。あそ1962とはまるで雰囲気の違う新たなる阿蘇の観光列車は相当に期待大だと思います。あの奥村美幸さまをはじめ、何かものすごいことをなさるのは必至かと思ったりしています。本当に、次々と魅力的な観光列車を出すなあ!と思ってしまいます。

結局博多駅&回送の姿も撮れず・・・阿蘇まで行くしかないです(^^
新聞で見学会の記事を見た奥さんが珍しく乗りたいと言い出しました。
子供は喜ぶこと間違いなしでしょうね~。
水戸岡さんが苦心してデザインされた親子イスですが、おそらく座ってる時間はほんのわずかな気がします(笑)

これはいいですね!

女性や子供の心をがっちりつかみましたな。

シートに注目です。
よく見ると転換クロスですね。
817系のと似てますね。色は違いますが・・・。

キエーボ様

これはぜひ乗りたいですよね~。JRQも客室乗務員のローテ表を公開してくれるといいんでしょうけどね~(笑)
これまでの観光列車もいろいろ趣向を凝らしているので、やっぱり期待が大きくなりますね。

やーも様

車体の下半分はブラックであまり闇鉄向きではないので、阿蘇の風景の中で撮るほうが絶対イイですよ~。
鉄道好きでなくてもきっと興味が出てくるデザインなので、奥様をこの道に引き込む……もとい、御理解を得るにはいいのではないかと思います。
家族で乗るにはもってこいの列車ですね。

leaves様

そっちでもこうした列車が走れば、きっと奥様も興味を持ってくれると思いますよ~。
とりあえず系統が同じ「いちご電車」辺りで攻めてみてはどうでしょう?

シートはたしかに御指摘のとおりですね。シンプルなデザインながら高級感があっていいと思います。
自宅用にほしいな~

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 闇鉄であそぼーい!:

« 数年ぶりの再会・マヤ | Main | 梅雨入り前 »