無料ブログはココログ

Nippon blog mura

Kagoshima Line photography place guidance

  • テンハル(その1)
    鹿児島本線の撮影スポットガイド

Nagasaki Line photography place guidance

  • 立石踏切
    長崎本線の撮影スポットガイド

The Productions

  • 甘鉄の春
    採用作品など

« 山茶花 | Main | 夕暮れの787 »

Tuesday, 01 February 2011

かもめ・みどり

2011_01_22c

この変則的な先頭車同士の連結も

間もなく見収めになります。


長崎本線不滅のコンビ「かもめ・みどり」。


〔2011.1.22 鳥栖駅/K-7〕
 
 

« 山茶花 | Main | 夕暮れの787 »

Comments

長崎本線の783も残るようですね~
787が「かもめ」「みどり」として運用に就くようですが、783との併結があったりするんでしょうかね?

トシ様 こんばんは。

783系も残るんですか!あんまり真剣に撮っていなかったので、正直ホッとしますね。

783と787の併結があったりすると、面白い画になりそうです。

こんばんは。

私の理解では、「かもめ」は独立して787・885のみの運用となり、「みどり」・「ハウステンボス」との併結はなくなります。
1時間あたり、かもめ2本、みどり・ハウステンボス1本で、博多-佐賀間は1時間あたり3本の特急が走るという構想のようです。

「みどり」・「ハウステンボス」は、783で、この両者の併結は残ります。
(運転士さんの話では、併結が必要なので783での運用になるようです)
この写真の様な変則的な併結はなくなりそうですね。

787と783を併結すると新鳥栖駅のホームが足りないかな

たーぼー様

なるほど、そういうことなんですね。
まだ新しい時刻表を見ていませんが、よーく調べておく必要がありそうです。

新鳥栖駅は、在来線がどういうふうに撮れるか楽しみですね。

783系にも、お世話になりましたよ。

初めて鹿児島入りしたのが、783系のつばめで、西鹿児島到着時に
「浪漫鉄道」のコーラスが流れました。

JR九州の幕開けを演じた役者ですね。

しかし、かもめ運用を787系などに明け渡してしまうと、少し余ると思うのですが、余ったのは何処に行くのかなあ・・・と。まさか、快速格下げ?

leaves様

西鹿児島まで乗られたんですか!うらやましい。
自分は783系が有明で活躍しているころは、鉄分もなく、金もないので特急なんてまさに縁のない存在でした。
どちらかというと、かもめのほうがイメージが強いですね。

余った783系はお約束の南九州ではないかと・・・

ハウステンボス号は土休日運転・臨時扱いの1・7・9・11・17・19・10・16・18・20・26・28号も毎日運転に変更して、みどりは787系の2往復および8両編成(ハウステンボス編成も佐世保駅まで乗り入れ)の4往復以外は4両編成(博多~早岐間ハウステンボス号併結)にする方が良いと思います。

783系様

長い間コメントに気がつかず、大変失礼いたしました。

正直、そのあたりのところはよくわからないのですが、JR九州さんには、車両の運用第一ではなく、利用者の利便性第一で考えてほしいものですね。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference かもめ・みどり:

« 山茶花 | Main | 夕暮れの787 »