無料ブログはココログ

Nippon blog mura

Kagoshima Line photography place guidance

  • テンハル(その1)
    鹿児島本線の撮影スポットガイド

Nagasaki Line photography place guidance

  • 立石踏切
    長崎本線の撮影スポットガイド

The Productions

  • 甘鉄の春
    採用作品など

« 夕闇の銀罐 | Main | テンハル秋模様 »

Monday, 04 October 2010

美しい駅舎よ、さらば

今、鳥栖駅前で工事があっています。


てっきり駐車場やタクシー乗り場の工事だとばかり思っていたんですが…


20100929z
先日通りかかったところ、

ごらんのように大変「COOL」な屋根が付いていました。



雨に濡れずに自動車から乗り降りできて、

便利になるのかもしれません。




実用性を重んじるのも大切だとは思います。


しかし、少なくとも歴史ある駅舎に対して


敬意を払っているやり方ではないように感じます。



Img_0230a

さらば……。



〔鹿児島本線 鳥栖駅/iPhone3GS〕
  

« 夕闇の銀罐 | Main | テンハル秋模様 »

Comments

う〜ん・・・実用と美観のバランスを取るのは、とても難しいな・・・と。一企業が行うことですから、コスト面での制約もあるし。ダークブラウンのアルミフレームを使用しているところから、精一杯目立たないように考えた結果でしょうが、鳥栖駅舎は明るい色合いなので、逆に目立ってしまってますね。

手前の足下に縁石が設置されていますから、以前あった「車寄せの柱に自動車が衝突」を防ぐための処置だと思います。

でも、こんな屋根を付けなくても、縁石だけでよかったんではないかな・・・と、思いますけどね。

追加、というか、補正。

「一企業」としましたが、駅前広場ですので、鳥栖市が行っている工事なのかも知れませんね。ですので「一企業、あるいは自治体」と、補正させていただきます。

ありゃ、無粋ですねえ・・・。

味のある駅舎だと思いますよ。

JR二条駅の先代の駅舎は、梅小路に移築されました。

高知駅はすっかり取り壊され・・・近代的になりましたわ。

kanako様

批判が目的ではないのでいろいろ書きませんですけど、もう少しどうにかやり方があったんではないかなあというのが率直な印象です。

カッコいい500系より広い700系が選ばれる御時世、明治の建物の威厳より雨に濡れないことのほうが大切なんでしょうね。是非もない…

kanako様

土地はたぶんJRのものだと思います。

leaves様

だいぶ古いから、どこかに移築して「鳥栖鉄道資料館」にでもしてはどうかと思うんですけどね。
鉄道の町でしたから。

古くて味のある駅舎が消えるのは、いつも残念に思います。

JR奈良駅は、どうなったんやろ?

うちとこの旧津駅もなかなか味のある駅舎やったんよ。
ナマコ壁で、瓦には「関西鉄道」のマークが入っていて・・・・
取壊されて40年にもなるけど、はっきり覚えてます。

急行くまの様

奈良駅、たしかニュースでやっていたと思いましたが、どうなりましたかねえ。

仕方がないことでしょうが、古い駅も大事にしてほしいですね。
鳥栖駅は建て替えじゃあないんですが、これでは…

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 美しい駅舎よ、さらば:

« 夕闇の銀罐 | Main | テンハル秋模様 »