無料ブログはココログ

Nippon blog mura

Kagoshima Line photography place guidance

  • テンハル(その1)
    鹿児島本線の撮影スポットガイド

Nagasaki Line photography place guidance

  • 立石踏切
    長崎本線の撮影スポットガイド

The Productions

  • 甘鉄の春
    採用作品など

« 燃える | Main | 鉄道の日 »

Wednesday, 13 October 2010

HYPER SALOON 783

20101010e
883系や885系、787系の影に隠れたように

余り脚光を浴びない783系ですけど、

デビューした当初は、それはそれはまぶしい列車でした。



国鉄からJRに変わってそんなに時間が経ってない時期だっただけに、

デビューの衝撃度は凄かったですね。



九州新幹線鹿児島ルートの全線開業で、

この783系もまた放浪の旅に出てしまうのでしょうか。



これも、今のうちに撮っておきたい列車です。



〔2010.10.10 長崎本線 鳥栖‐肥前麓/K10D〕
 

« 燃える | Main | 鉄道の日 »

Comments

JRになって、各社の中でいの一番に製造したのが、この783系でしたね。その次が651系だっけ・・・。

当時中学生でしたが、鉄道ファン誌を見て、
「もう特急電車を作るのか!」
と驚いた記憶があります。

なお、九州ではじめて乗った特急も、783系つばめ西鹿児島行きです。

リバイバルで原色に戻してもクーラーが屋根上だから完全にはもとにもどりませんね。

leaves様

そうそう、JR各社では先陣を切っての登場でしたね。
学生時代はまだ簡単に特急に乗れなかった(もちろん2枚きっぷなんてのもなかったです)ので、
ある意味これも「憧れの特急」ではありました。

akky1973様

リバイバルがお家芸のJRQですが、はたして783系はやるでしょうかね?

個人的には、完全に原型でなくてもカラーだけ戻してもらえば、十分雰囲気はあると思います。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214880/49735161

Listed below are links to weblogs that reference HYPER SALOON 783:

« 燃える | Main | 鉄道の日 »