無料ブログはココログ

Nippon blog mura

Kagoshima Line photography place guidance

  • テンハル(その1)
    鹿児島本線の撮影スポットガイド

Nagasaki Line photography place guidance

  • 立石踏切
    長崎本線の撮影スポットガイド

The Productions

  • 甘鉄の春
    採用作品など

« そろそろ終わり | Main | サマになるのは »

Saturday, 10 July 2010

早朝の貨物三本

 
今朝は早起きして、久々にテンハルへ出撃してきました。


20100710a
まず1本目は、朝靄の中現れた1151レ。

今朝は銀タンコ×6両、毒タンコ×1両とまずまずの長さでした。



20100710b
2本目は、鹿児島行き4093レ。

カマは元お召機、55号機でした。

1枚目とは、ちょっと立ち位置を変えています。 




20100710c
3本目は8091レ。

幸いなことに、私が余り撮ったことのない長い更新帯の56号機でした。



余りスッキリした絵になりませんでしたが、

久しぶりの「76三昧」な朝稽古でした。



〔2010.7.10 鹿児島本線 天拝山‐原田/K10D〕
 
 

« そろそろ終わり | Main | サマになるのは »

Comments

こんばんは。

 早朝の雰囲気が出ていて、いい感じの絵だと思います。私の生息地では、ED76を撮る事が
できないので、何時もM10Sさんの貨物の絵を楽しみにいています。
 私もこの時期は朝が早いので、貨物を撮るには絶好の季節と位置付け、精力的に貨物オンリー
の撮影に出かけております。梅雨も間もなく明けますが、お体ご自愛下さい。

あいにくの天気だったみたいですが、涼しげな雰囲気ですね。

マイナスイオンが沢山感じられそうです。

バックの緑を見て、ビルばかりみてる自分に気づきました。

大牟田貨物こと1151レは、模型でも再現してみたいですね。先代も含め。

今日は鳥栖付近で撮りましたが1151を鳥栖駅まで追っかけなど欲張りすぎた為8091は中途半端になりました。8091は81牽引もあるようですが今日は76でしたね。
釜アップ気味でしたが1ショットだけ様になった奴があります。

こんばんは~
私は今日大牟田で下り3本貨物で満足していました。内2本はM10Sと同じカモレですね。
1年前は大牟田専貨1本に執着していましたが、次第に4093レ・5057レを撮る余裕や興味が湧いてきて良かったと思っています。
1151レと1152レは黄タンコがもう1両増えたら、現状最長の8両編成になりますね。宮浦操車場の海コン用のコキ200は全く動きがありません。

おはようございます。
昨日は朝靄がかかってすっきりしませんでしたね。
寝坊したため重連を撮り損ない、そのあとからの撮影となりました。
81が南に下るようになって、銀ガマの動いてる姿を撮る機会がグッと減った感じがします。

鉄道員様

どうもありがとうございます。
夏至前後のこの季節は、まさに早朝貨物の季節ですよね。
私も鉄道員さんの直流機を楽しみにしています。この辺りでは基本的にカマは2種類なので、バラエティの多い直流機を羨ましく思います。

leaves様

たしかにマイナスイオン出てそうですね。
近くには大きな道路もありますが、この場所は鳥のさえずりなんかも聞こえたりして、朝だといい気分転換になります。

模型で再現>問題は銀タキと毒タンコ、銀タンコですね。カマと毒タキはあるんですけど。

akky1973様

鳥栖周辺で朝練でしたか。
8091はほぼ毎日カマの動向はわかるんですが、最近は76ばかりのようですね。
去年夏に突如81が運用に入りだしたときは驚きましたね。

TPC10様

なんとリレー撮影になりましたか!やっぱり毒タンコは2両はほしいですね。
この場所での大牟田貨物は、ごらんのとおりコンパクトにまとまった感じで撮れるので好きです。

そういえば、海コンも連結されることがありましたね。海コンまでつながると、結構な長さになるので撮影時に気を使いますね。

トシ様

重連も撮っておかないといけませんね。最近は重連の存在を忘れてました。
早朝の分はコンテナ多いんでしょうかね?

81の活動範囲が広がった分、銀は捕まえにくくなったようですね。
でも、千早以南だと3日に1回くらいはどちらかが下っているような印象があります。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 早朝の貨物三本:

« そろそろ終わり | Main | サマになるのは »