無料ブログはココログ

Nippon blog mura

Kagoshima Line photography place guidance

  • テンハル(その1)
    鹿児島本線の撮影スポットガイド

Nagasaki Line photography place guidance

  • 立石踏切
    長崎本線の撮影スポットガイド

The Productions

  • 甘鉄の春
    採用作品など

« サマになるのは | Main | 梅雨明け »

Tuesday, 13 July 2010

哀れ‥‥‥EF81-407

昼間に佐賀新聞のサイトを覗いてみると、次のような記事が‥‥‥

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

12日午後7時半ごろ、鳥栖市原町の鳥栖貨物ターミナル駅で、

貨物をけん引する電気機関車から出火、

運転を制御する装置など一部が燃えた。

電気機関車は停車中で、無人だった。

近くに作業員がいたが、けがはなかった。
 
JR貨物九州支社によると、同日午後7時20分ごろ近くにいた作業員が、

電気機関車から煙が出ているのに気付き、119番した。

火は約1時間半後に鎮火、貨車や積み荷などの被害は無かった。

同支社は出火原因を調べている。

http://www.saga-s.co.jp/news/saga.0.1682810.article.html

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


気になって、仕事が済んでから鳥栖タへ行ってみました。

そこで見たものは、変わり果てた81の姿‥‥‥

20100713b
想像していたより、かなり傷んでいる様子です。


まさかこのまま廃車なんてことには‥‥‥

嫌な予感がします。



また、元気に貨物列車を牽く姿をみせてほしい。

切にそう思います。


〔2010.7.13 鳥栖貨物ターミナル駅/iPhone3GS〕

« サマになるのは | Main | 梅雨明け »

Comments

 こんばんは、これは酷いですね。
新聞社の写真を見ましたが、かなり燃えているようで
復帰は正直微妙に感じてしまいます。
しかし、ここまで電気機関車が燃えるとは…
ただ、不幸中の幸いというか、作業者や積み荷に被害がなかったのが、救いだと思います。

こんばんは。
かなり火が出てますね!電気機関車とはいえ心臓部から火が出てしまうと修理のしようがないでしょうね。やはり廃車ですかね・・?
ほかに被害が無かったのは不幸中の幸いですね。

うわー。こんなことが・・・。

せめて、復活を祈りたいです。

関西に居ると、このニュースは伝わってこなかったです。

何が原因でしょうかね。

え~!こんなことがあったんですか??
見るも無残な姿です・・・。

407号機は写真にもありますが、助手席側の窓に特徴がありますね。

原因は何か分かりませんが、とにかく、元気な姿で戻ってきてほしいです・・・。

不幸な事故ですがこれで76一両の命が延びると考えれば...

中の人ですが

原因は絶縁不良ですよ。
ブレーキ系統も完全にやられて回送も出来ないんで現地解体になります。

うわっ
なんということでしょう。
鉄の塊みたいな電気機関車が炎を上げて燃えるとは・・・
にわかには信じられません。

初めてコメントします!「周遊☆鉄道写真館」と言うサイトでこの事を知りました、廃車となると453~455を富山機関区から呼び戻す事になるのでしょうか?

門司には運用を外れたED76が数機いますし
福岡貨物ターミナル駅いるEF81が戻ればわざわざ富山から呼び戻す必要はありませんよ。

はまうてな様

そうですね、何より人的被害がなかったのは不幸中の幸いだったと思います。
となると、余計に407号機の被害が鉄道ファン的にはクローズアップされてしまいまして‥‥‥

鉄の塊のようですが、簡単に燃えてしまうんですね‥‥‥

トシ様

火災そのものもですが、消火のために大量の水をかけられてしまいますから、そちらの面でも修理がむずかしくなるのではないかと想像しています。

もしかしたら、407号機の雄姿は見れないかもしれないですね。

leaves様

地元でも、この事件を報じたのは佐賀新聞だけでした。

わたしが直接みた限りではダメージが大きいようで、正直、復帰は厳しいのではないかと思います。

まっちゃん様

私もまったく気がつきませんでした。
消防署が割と近いので、消防車のサイレンも聞こえるはずなんですが‥‥‥

助手席窓はたしかに407号機の識別ポイントでしたね。
余り撮ったことがないカマだったので、もっと撮っておけばよかったと思っています。

akky1973様

たしかにそういう考え方もできますけど‥‥‥。

EF81もED76もいずれも貴重な国鉄型機関車ですから、個人的にはこれ以上1両たりとも廃車されてほしくないと思っています。

中の人様 御来訪およびコメントありがとうございます。

もしかしてJR貨物関係の方でいらっしゃるのでしょうか?
貴重な情報をありがとうございます。

ブレーキがダメだと、やはり回送は無理なんですね。素人考えだと、機関車で牽けば大丈夫のような感じなんですが‥‥‥

もし鳥栖で解体されるのであれば、しっかり最期を看取ってやりたいと思います。

たーぼー様

私も偶然ネットで見つけて、フリーズしてしまいました‥‥‥。
最初は76か81か判断つかなくて、現場に行って81と判った次第です。

本当に信じられないですね、機関車が燃えるなんて。

岩崎友裕様 御来訪およびコメントありがとうございます。

富山から81を戻すことはないと思います。
私の想像ですが、千早以南にEF81が走っているのは76の後継機ができるまでの暫定的な処置であって、老朽化した76に代えて単に走行距離が少ない81を使っているに過ぎないと思っています。

そういえば、門司港運転区にJR九州の410号機と411号機が留置されていたと思うんですが、まだそれがあるのであれば、貨物で買い取ってどちらかを復帰させてみてはどうかなあと妄想してみました‥‥‥。

中の人様‥‥‥ですよね?

JR貨物的には、76のほうが使い勝手がいいんじゃないでしょうか。
幡生~北九州タ~福岡タ間はともかく、それ以外の区間は1機種で統一したほうが運用も柔軟にできるような気がしますし、さきの岩崎友裕様のレスにも書きましたけど、千早以南の81運用は、81の寿命がきて新しい76後継機ができるまでの暫定措置と考えられますので、門司の休車中の76が復帰するのかもしれませんね。

また詳しい情報をお待ちしております。今後もよろしくお願いいたします。

まだ鳥栖貨物ターミナル駅に留置されていると言う事は、まだ現場検証が終わってないと思われますが・・・。

岩崎友裕様

中の人様のコメントでは、ブレーキ系統までアウトで回送もできないということらしいです。
今日見た感じでは、別に現場検証をまた行う雰囲気じゃなかったように思います。

この話は全然知りませんでした。
昨日、仕事で博多から大牟田にリレーつばめに乗って行ったのですが、鳥栖の駅で
ふと外を見るとEF81が解体途上にあり、配給車状態(中央部分が切り取られて台枠
だけになっている状態)になっているのを見て凍り付いてしまいました。
なんでこんなところで解体???と思いググってみると火災だったのですね・・・。

もうあと2~3日で作業完了という感じでした。

東区を毎朝ランニングしているのですが、そこでよくすれ違った機関車です。
本当に残念です。

コリヲ様 御来訪およびコメントありがとうございます。

もうそこまでバラされてるんですね。
何でも、書き込みによるとブレーキ系統までやられて回送できないのだそうで、鳥栖で解体された模様です。

貴重な国鉄型機関車、残念でなりませんね。
明日、最期を看取りに行こうと思います。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 哀れ‥‥‥EF81-407:

» 鉄分、大量補給 その3 [787.TSUBAMEのきまぐれブログ]
“テンハル”を早々に撤退し、本日のメインイベントである鳥栖駅に向かう。 まずは、悲しいお知らせを。“テンハル”から国道3号線を通って鳥栖駅、というより「鳥栖サッカースタジアム」を目指したのだが、駅のすぐ北側、鳥栖貨物ターミナルのはずれで目の当たりにしたもの...... [Read More]

« サマになるのは | Main | 梅雨明け »