無料ブログはココログ

Nippon blog mura

Kagoshima Line photography place guidance

  • テンハル(その1)
    鹿児島本線の撮影スポットガイド

Nagasaki Line photography place guidance

  • 立石踏切
    長崎本線の撮影スポットガイド

The Productions

  • 甘鉄の春
    採用作品など

« 鉄活@原田(2009.5.5) | Main | 鉄活報告(高岡編2・富山編) »

Friday, 15 May 2009

鉄活報告(高岡編)

昨年秋に行ったばかりですが、今回、また仕事で北陸地方へ出かけました。

コンデジしか持って行けなかったので、ふだん使っているK10Dほどキレイな写真ではないですけれども、北陸での鉄活の成果をごらんください。

2009512a
▲高岡市内を走る万葉線の新型車両、MLRV1000形。赤いボディに黒の縁取りの窓、シングルアームパンタがカッコいい!!

  そういえば、おとなりの富山市の富山RLの車両が模型化されるんでしたっけ??
  ぜひ買って、路面区間と専用軌道区間のあるレイアウトをつくりたいですね~。

〔2009.5.12 万葉線 高岡駅前〕

20090513a
▲これはデ7070形。クラシックな形に、縁結びの神社のPRと思しきラッピング。
  この電車を拝んでおけば、ちょっとくらい御利益があるかも。

〔2009.5.13 万葉線 広小路〕

2009512c
▲高岡駅の跨線橋から。 氷見線と城端線で使われるディーゼルカーの基地、高岡鉄道事業部の風景。
  簡単な検修庫やら、なにやらレイアウトでも再現できそうな規模の、手頃な大きさの基地です。右奥にはDE10も!

〔2009.5.12 高岡駅〕

2009512d
▲検修庫をズーム。DE10は、調べてみるとどうやら城端線に残る貨物列車を牽くための機関車のようです。
  点検用のピット、Nゲージで再現したい!

〔2009.5.12 高岡駅〕

2009512b
▲そして、間近では初の御対面となった、「レッドサンダー」ことEF510。
  金太郎にはヘッドマークステーがあるけれども、レッドサンダーにはないんですね。
  もう少し寄って撮りたかったんですけれども、仕事中にスキをついて撮ったのでこれが限界でした。

〔2009.5.12 高岡駅〕   

« 鉄活@原田(2009.5.5) | Main | 鉄活報告(高岡編2・富山編) »

Comments

未だ予定の段階ですが・・・・・
「西日本パス」を使っての二日間乗りまくりを計画しております。
新大阪→小倉→大分→湯布院→鳥栖→長崎→博多→新大阪→(急行きたぐに)→糸魚川→(キハ52)
→南小谷→糸魚川→富山→京都→香住→(181系特急はまかぜ)→大阪
という悪魔の誘いが来ています。

今週は三重県南部の尾鷲市の高速道関連の現場に、アルバイトカメラマンに行っています。
これが、朝は下りの紀勢貨物、夕方の帰りは上りの紀勢貨物と、微妙なタイミングで並走するのです。
自分の現場なら・・・・・先回りしてDD51を撮影するのですが・・・・・アルバイトですから。
毎日、欲求不満が溜まるばかりです。
いつものニコンD300は持って行ってないのですが、仕事用のF3がトランクにあるのに・・・・・

おっしゃるように、レイアウトの材料が沢山転がっていますねえ。

電化線が隣を走っていても、ぜんぜん違和感がないです。

私も作ってみたいです。

こんにちは。
鹿児島と長崎の路面電車には乗ったことがありますが、九州以外にも路面電車って意外と活躍しているんですね!
ちょっとブログの方はお休みしてます。その間も撮影には出掛けていますので来月にでもアップできたらと思っています。

こんばんは
出張、即鉄活。我々としてはお約束ですよね。限られた時間だったと思いますが、充実した撮影行…もとい、出張だったみたいですね。

急行くまの様

すごい計画ですね!実際にそれだけ乗りまくったら、楽しいでしょうね。
ぜひ実行して、レポートをしてください!

そばを列車が走っているのに撮れないとは、たしかにストレス溜まりますね!

leaves様

模型の創作意欲をかき立てる、高岡駅でしょう?
DL&DCのたむろする情景は、何か惹きつけられます。駅だけセクションでつくっても楽しそうですね。

トシ様

北陸は路面電車やら、マイナー(失礼!)な地方鉄道やらがけっこうあって、なかなか侮れない地域だと思います。

ブログの再開、楽しみにしています。しっかり充電してください。

787.TSUBAME様

コンデジしか使えない、編成を撮るために反対のホームに行けない、と制約だらけの中、まずまずの成果があったと思います。

出張の行程は私が組むのですが、今回は「雷鳥」の時間に合わせられなくて残念でしたorz

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 鉄活報告(高岡編):

« 鉄活@原田(2009.5.5) | Main | 鉄活報告(高岡編2・富山編) »