無料ブログはココログ

Nippon blog mura

Kagoshima Line photography place guidance

  • テンハル(その1)
    鹿児島本線の撮影スポットガイド

Nagasaki Line photography place guidance

  • 立石踏切
    長崎本線の撮影スポットガイド

The Productions

  • 甘鉄の春
    採用作品など

« きょうの4081・5057 | Main | 鉄活@原田(2009.5.5) »

Sunday, 03 May 2009

縁(えにし)

不思議とよく出会う、縁のある機関車ってありませんか?

私の場合、JR九州のED76であれば66号機や94号機、70号機がよく出会うなじみの顔でした。

「はやぶさ」亡きあと、JR貨物のED76では不思議と最古参、37号機に会う機会が多いように思います。

連休中で貨物列車が間引きされているにも関わらず、この日も37号機に出会いました。

20095
▲きょうも定刻通りやって来た、4081レ。
  ゴールデンウイークにもかかわらず、本日もコンテナ満載!ぅぉぉぉーヽ(゚ω゚ )ノ

200952b
▲原色・未更新の37号機。
  先日の43号機より傷みは少ないように思えます。が、この機関車も決して安心はできないでしょうね。

200952c
▲行楽客でにぎわう6番ホームを尻目に、ゆっくりと発進。
  連休にうかれることなく、黙々と仕事をこなす姿に 、男の生きざまを見た( ´;ω;`)ブワッ

200952d
▲あちこちに見える、補修の跡がおわかりでしょうか。
  たくさんの傷に耐えながら懸命に走る姿に感動!!がんばれ37号機!!

〔2009.5.2 鹿児島本線 鳥栖駅 4081レ〕 

« きょうの4081・5057 | Main | 鉄活@原田(2009.5.5) »

Comments

こんばんは
旅客には“華”がありますが、貨物は縁の下の力持ち的なところが。おっしゃっているように、寡黙に働く「漢(おとこ)」を感じさせます。
本来の鉄道の役割は、貨物輸送でした。蒸気機関が実用化されて産業革命が起こり、石炭運搬のために発明されたのが鉄道という運輸システムです。環境問題を考えると、JR貨物のCMを引き合いに出すまでもなく、モーダルシフトの時代だと思います。拠点間、大量運送は鉄道を利用したほうがコスト削減にもつながると思うのですが。

おはようございます。
「はやぶさ」の時、よく66号機に会っていたなと思います。あの機関車たちは元気にしているでしょうか??

37号機によく会うとは羨ましい。僕は滅多にお目にかかれません・・・。

昨日鳥栖駅で4081を撮りました。今日にでも更新しようかと思っていますが、43号機でした。
仰る通り37号機の方がキレイに見えますね。
でも確かに、将来安泰ではない気がします。今のうちに撮っておかなければ!と思います。

おはようございます。

日差しのおかげで、赤が映えますね。

もちろん、補修の後も分かりますよ。

GWでも、コンテナ満載の貨物があるんですね。
連休中はすっかり、過去の資料整理です。

787.TSUBAME様 こんばんは。

ブルートレインのような派手さはないですが、長い貨車をゆっくりながらも確実に目的地へ運ぶ、そんな姿が好きです。

中長期的には、原油の高騰は避けられないと思うので、また輸送の主役に鉄道が来る時代が訪れるのではないかとも思います。

まっちゃん様 こんばんは。

JR九州の76はどうしているんでしょうね?すっかりお目にかからなくなってしまい、残念です。

なぜか私は37号機に会う機会が多く、おかげで結構写真は増えています。
43号機ともども、ここ2、3年のうちに変化が訪れるような気がしてなりません。

しっかり、記録したいですね。

leaves様 こんばんは。

RAWから現像するときにちょっとだけ彩度を上げていますが、見た目の印象と近い感じを出せたのではないかと思います。

これは5月2日撮影なので、前日、都会から来た荷物が福岡ターミナル経由で鍋島まで行くので、コンテナ満載なのではないかと思います。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 縁(えにし):

« きょうの4081・5057 | Main | 鉄活@原田(2009.5.5) »