無料ブログはココログ

Nippon blog mura

Kagoshima Line photography place guidance

  • テンハル(その1)
    鹿児島本線の撮影スポットガイド

Nagasaki Line photography place guidance

  • 立石踏切
    長崎本線の撮影スポットガイド

The Productions

  • 甘鉄の春
    採用作品など

« 春の訪れ | Main | 「はやぶさ」、肥薩線を往く(2) »

Tuesday, 03 March 2009

「はやぶさ」、肥薩線を往く(1)

今回の「はやぶさForever・日帰り肥薩線の旅」は子どもの念願であった「はやぶさ」乗車が目的でしたし、2人兄妹(無論キャスバルとアルテイシアではないw)を連れての道中でしたので、ローカル線の旅を楽しむことにして撮影はあんまり力をいれませんでした。

それでも、撮った写真の中からいくつかピックアップして御紹介します。

Imgp4091a
▲熊本駅5番ホームに滑り込むDE10と14系客車。

  プッシュプルで入ってきたので、ずっとプッシュプルで行くのかなと思いましたが、この1206号機は切り離され、1195号機単独の牽引でした。

Imgp4093a
▲客車のサボには懐かしい名前が・・・・・・「かいもん」ですよ「かいもん」。

  他にも「はやぶさ」を初め「なは」、「明星」、「みずほ」。

  熊本駅にしてブルトレ祭り炸裂。

Imgp4095a
▲「ビカビカ」に磨き込まれた1195号機と「はやぶさ」HM。

  ヘッドマークはクラシックな色遣いなので、もしかしてこのイベントのため新製!?

Imgp4109a
▲八代駅での撮影タイムにて。

  天気が良すぎて、相当絞ったのに白トビしまくり(´;ω;`)ウウ・・・

  かろうじて「はやぶさ」とわかるか‥‥‥

〔2009.3.1 鹿児島本線 熊本駅・八代駅〕

« 春の訪れ | Main | 「はやぶさ」、肥薩線を往く(2) »

Comments

こんばんは!
DE10に15系ブルトレ、さらにヘッドマーク付きという組み合わせ、最初で最後かもしれませんね。20系時代、ブルトレ「さくら」の佐世保線内早岐~佐世保間は、C11が所定バック運転で牽引していたそうですが、その姿を彷彿とさせます。ディーゼルの朱とブルトレの青も、いい彩りですね。そしてついに、残り10日!
ところで、お子様方はシャアとセイラだったんですか!と、いうことは、M10Sさんの正体はダイクンですか!?私、一応ジオニストです(笑)。

こんばんは。
おぉ~、「かいもん」懐かしいですね!自宅から、午前0時半ごろ通過する音を聞いていたのを思い出しました。

DE10ビカビカですね。寝台車を牽引する姿も似合っているように思います☆

こんばんは。

ピカピカのDE10、JR九州の心意気を感じますね。
方向幕も。

「はやぶさ」廃止後も、JR九州の中だけで、たまーにブルトレを走らせたら、みんな九州に引き寄せられますよね。

また、このようなイベントをやって欲しいです。

有休が残っていれば、このイベントに申し込んだのですが・・・。

787.TSUBAMEさん おはようございます。

私はDE10の逆向き(ボンネットが短い方が前)牽引が好きで、行きのこの姿を撮れてよかったです。
わざわざ塗りなおしたのかどうか知りませんが、朱色と青い客車との相性はばっちりですね。

兄妹と書くと、ついこのように書いてしまいますが、私もジオニズムを信じる者の一人として、ダイクンに例えられるなんて恐縮であります。

まっちゃんさん おはようございます。

「かいもん」はほとんど見たことはないんですが、昔からその響きに憧れていました。
まだ、鹿児島がはるか遠くの国に思えていた頃の時代ですよね。

DE10がブルトレを牽く姿はなかなか似合いますね。客車末期の久大線でDE10+12系が走っていた姿を彷彿とさせます。

leavesさん おはようございます。

列車の廃止は仕方ないですが、客車は2編成くらい残してこういうイベントとかに使ってほしいですね。

JRQさんにしっかりお願いしましょう。客を呼べるとわかったら残すと思うんですけれどもね。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「はやぶさ」、肥薩線を往く(1):

« 春の訪れ | Main | 「はやぶさ」、肥薩線を往く(2) »