無料ブログはココログ

Nippon blog mura

Kagoshima Line photography place guidance

  • テンハル(その1)
    鹿児島本線の撮影スポットガイド

Nagasaki Line photography place guidance

  • 立石踏切
    長崎本線の撮影スポットガイド

The Productions

  • 甘鉄の春
    採用作品など

« 海の向こう・・・・・・ | Main | 最後のひと月 »

Wednesday, 11 February 2009

再び、門司の主(あるじ)

貨物列車ファンの皆様、お待たせいたしました。

門司ピッコリ遠征シリーズ最終回は、平成のマンモス機関車・エコパワー金太郎ことEH500の貨物列車を満喫してください。

Imgp3736a
▲まずはお約束の「交直転換」看板と、EH500-49(列番不明)。
  御存知かと思いますが、貨物線のデッドセクションはここではありません。一応雰囲気だけの写真です。

Imgp3739a
▲49号機を後撃ち。 何度見ても金太郎はデカい。

Imgp3786a
▲50号機(列番不明)と49号機(推定8050レ)が交錯。
  長い貨物列車同士のすれ違いは迫力があります。

Imgp3788a
▲延々と上り線を通る貨物列車と、門司駅構内をゆっくり進む「金太郎」。
  久々の貨物列車を満喫しました。

  金太郎にはヘッドマークステーがありますけれども、はたしてヘッドマークを掲げて旅客列車を牽く日がやってくるのでしょうか。個人的には、そういう日がくるのを願ってやみません。

〔2009.2.5 鹿児島本線 門司駅〕

 

« 海の向こう・・・・・・ | Main | 最後のひと月 »

Comments

いやー。金太郎はいつみてもド迫力ですね。

九州から東京まで、いや函館までロングランしてもいいと思うのですが・・・。

ヘッドマーク、私も見たいです。

こんばんは。
待ってました!やっぱりこれを撮らないといけませんね。
EH500は本当に大きくて迫力がありますね。
これが客車を引っ張る・・・考えただけで面白いですね☆

すみません、今回だけはまとめてレスいたしますので御了承のほどを。

leavesさん>幡生~北タのような短い区間ばかりだと、機関車も傷みが早いと思うんですけどね。
        関西でも金太郎が見れるといいですね。

まっちゃんさん>お待たせしました。いつ出るかと思われたでしょう?最後にとっておきました。
          いつの日か寝台列車が復活して、コイツが牽いてほしいです。81もいいですけど。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 再び、門司の主(あるじ):

« 海の向こう・・・・・・ | Main | 最後のひと月 »