無料ブログはココログ

Nippon blog mura

Kagoshima Line photography place guidance

  • テンハル(その1)
    鹿児島本線の撮影スポットガイド

Nagasaki Line photography place guidance

  • 立石踏切
    長崎本線の撮影スポットガイド

The Productions

  • 甘鉄の春
    採用作品など

« 新幹線ふれあいデー@幹ハカ(2) | Main | 北陸道の出会い(1) »

Friday, 31 October 2008

新幹線ふれあいデー@幹ハカ(3)

この新幹線ふれあいデーでは、500系やN700系の運転席に入れるなど、さまざまな催しがあっていましたが、運転席の整理券は瞬殺!次の配布が2時間後となれば、小学1年生と3歳児を連れて2時間並ぶわけにもいきません。

がっかりする子どもをなんとかなだめ、人の少ない催しにならんでみましたが、これが意外に面白い!

▲500系に使われている、翼型パンタグラフ作動の様子。
  側面のボーテックスジェネレーターといい、300km/hの超高速のため、細部まで突き詰められた技術のスゴさを感じます。

▲でもやっぱり、こっちのほうが「パンタグラフ!」って感じですね。

この後、息子はNゲージのレイアウトで500系を運転して、ひとまず満足。
下の子がねむくなってきたようなので、撤収です。

08cimg2704
▲正面ゲート近くの500系W1編成。このアングルだと何だかへんに見えます・・・

09cimg2703
▲その隣にはN700系。2枚ともセガレが自分で撮りたい!と言ったので撮らせましたが、傾いているのはご愛敬。

10cimg2705
▲帰りの博多南駅ホームから。
  ちょっと見えにくいですが、500系のノーズの低さがわかると思います。

こうして、新幹線ふれあいデーの会場を後にしました。
たくさんの人でちょっと疲れましたが、なかなかいい1日でした。JR西日本さん、来年もまたお願いしますね。 

« 新幹線ふれあいデー@幹ハカ(2) | Main | 北陸道の出会い(1) »

Comments

おはようございます。
確かに運転席見学、あんまりだと思いました・・・。もうちょっとどうにかしてほしいですね。

500系のパンタグラフ面白かったです。これを作るまでに、いろんな努力があったんだろうな?と。

息子さんが撮られた写真、いいじゃないですか☆スマートな新幹線が、どこか間抜けに見えて面白いですね。

たくさんの家族連れが楽しんだこういうイベント、改良の余地はありますが、もっとやってほしいですね!

おお、500系のパンタの動画、とても見ごたえがありました。
どうもありがとうございます。

こんな風になっているとはしりませんでした。

mixiの、500系のコミュに投稿すると、反響が大きいかもです。

まっちゃんさん おはようございます。

10時前に行っていたのに、入場した直後には「もう配布は終わりました。次は12時です」と言われてかなり子どもはがっかりしていました。
家族で来ていれば、交代で並ぶという手もあるんですが・・・。あきらめた人も多かったんじゃないかと思います。
あと1編成くらいは公開してほしいところですね。

子どもの写真は視線が低くておもしろいですね。たしかにカッコいい500系がかなり間抜けに見えますね。

実はこのイベント、初めて行きました。なかなか楽しかったので、来年は早起きして早く行き、整理券をもらおうと子どもと約束したところです。

leavesさん おはようございます。

500系のパンタ、私もどういうふうに上がるのか知らなかったので、とてもおもしろかったです。

係の人にいろいろと聞いたら、F1のサスペンションに使うダンパーをつくる、「ショーワ」という会社が協力してつくったそうで、パンタにもロゴが入っていました。
また8両化したV編成は何でシングルアームパンタに変えたのか質問したところ、メンテにものすごく金がかかるんですよ、という何とも明快なお答をいただきました。

mixiには参加していないので、leavesさんのほうで投稿もしくはリンクを貼ってもらって構いませんよ。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 新幹線ふれあいデー@幹ハカ(3):

« 新幹線ふれあいデー@幹ハカ(2) | Main | 北陸道の出会い(1) »