無料ブログはココログ

Nippon blog mura

Kagoshima Line photography place guidance

  • テンハル(その1)
    鹿児島本線の撮影スポットガイド

Nagasaki Line photography place guidance

  • 立石踏切
    長崎本線の撮影スポットガイド

The Productions

  • 甘鉄の春
    採用作品など

« リンク追加しました | Main | Practice@原田 »

Friday, 04 July 2008

旅先での出会い

2月に息子と「なは・あかつき」の乗り納めを兼ねて、京都・大阪に出かけました。

そこで出会ったお気に入りの列車をアップします。
普段は会わない列車に会えて、非常に楽しかったです。

Ef6651a
▲「なは・あかつき」を下関から牽いてきたEF66。
  到着時は廃止が近いこともあって、黒山の人だかりでした。一息して人がいなくなったところで撮影。
  ヨーロピアンな形がカッコいいですね。(@京都駅)

Ef8143
▲トワイライトエクスプレスを牽くEF81。
  300番台とか400番台とか450番台とかしか見たことがないので、渋いグリーン塗装の81は新鮮でした。
  上の66もそうなんですが、何も考えずに撮影するとパンタグラフが切れてしまいます。
  なんで?
  交流機の撮影に慣れていると、前パンはあまり気にしなくていいので、こういうことが起こるのでしょう。
  これは数多い前パン切れの失敗作のうち、まともに撮れた唯一の81でした。(@京都駅)

485
▲この旅で、ぜひ撮りたいなと思っていた485系「雷鳥」。
  九州ではほぼ絶滅した国鉄特急色が撮りたかったのです。
  私も古い人間ですから、特急と聞いて連想するのはやっぱりこの色ですね。
  帰る間際にしとめることができて、ラッキーでした。(@新大阪駅)

週間天気予報では、来週あたり梅雨明けのようです。
いろいろ撮影したいと思うものはありますが、うまく撮れますかどうか…

« リンク追加しました | Main | Practice@原田 »

Comments

おはようございます。
この66、51号機ですね。僕が3月上旬に「なは・あかつき」に乗りに行ったときも51号機だったので、思い出深い機関車です。
66は流線型で独特のカッコいい姿ですね。何より九州では青い機関車になじみがないので新鮮に見えます。
大阪といえば、やっぱり485系「雷鳥」ですね。お気持ちよくわかります。かつて、485系ボンネット「有明」が大好きでしたから☆

M10Sさん、こんばんは。

 国鉄原色485系への思い、よ~く理解できます。私も同世代?の古い人間ですから。私が九州の車両を撮影して、とても新鮮な感覚を得た事を思い出しました。66の写真、広角で人物を入れて、なかなかいい雰囲気が出ていると思います。ナンバープレートが光を反射している様は、朝を感じさせてくれますね。

まっちゃんさん こんばんは!

「なはつき」乗り納めされていたんですね!しかも同じ51号機とは奇遇です。もしかすると、私にとって最初で最後の66が51号機かも…

ボンネット「有明」なつかしいですね!
個人的には「みどり」のボンネットクロ481が好きでした。
片方はゲンコツで片方はボンネットなので、そのアンバランスが小学生の時から気になっていました。

鉄道員さん こんばんは。

なにせ特急といえば485の「有明」「かもめ」「みどり」、
581or583の「金星」「なは」とかを刷り込まれている世代なので、
大阪に行ったらぜひ撮りたいと思っていました。
「雷鳥」のヘッドマークの色遣いは「かもめ」を彷彿とさせます。

66は下関へ行けば見れるんですが、なかなか門司より先にいくのは心理的な壁がありまして…(笑)
ちょっと光が当たりすぎとは思いますが、鉄道員さんにそう言っていただくと、まあこれでもいいか、と思えてきます。ありがとうございます。

雷鳥、出会えてよかったですね。
狙ってたわけではなかったですが・・・。神様の贈り物でしょう。

さすが、どれもキレイです。

パンタグラフまで、気が付きませんでした。
勉強になりました。
トワイライトは、まだ見た事もないです、琵琶湖あたりまで行った時にでも、いつか撮影してみたいです。

leavesさん

leavesさんたちに教えてもらわなかったら、きっと見逃していたと思います。
「雷鳥」が新大阪駅に止まることすら、ピンときていなかった状態でしたから…

ほんとうにありがとうございました。

コペオヤジさん

交流電気機関車を撮るときは、前パンを下ろしているので本当に何も考えずに撮っていましたから、ついいつもの調子で撮っていたら、ものの見事に前パン切ればかりでした。

いい勉強になりました…

トワイライトはぜひチャレンジしてみてください。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 旅先での出会い:

« リンク追加しました | Main | Practice@原田 »