無料ブログはココログ

Nippon blog mura

Kagoshima Line photography place guidance

  • テンハル(その1)
    鹿児島本線の撮影スポットガイド

Nagasaki Line photography place guidance

  • 立石踏切
    長崎本線の撮影スポットガイド

The Productions

  • 甘鉄の春
    採用作品など

« 朝のJR鳥栖駅 | Main | 動画シリーズ8・ED76貨物列車 »

Sunday, 18 May 2008

ほら出てきたぞ、フル規格案(これでいいのか長崎新幹線シリーズ)

今朝の西日本新聞に、九州新幹線長崎ルートに「フル規格」「ミニ新幹線」の案が浮上しているという記事が掲載されていました。

要は、開発中のフリーゲージトレインの開発状況が思わしくない上に、道路財源が一般財源化することで、新幹線整備に道路財源が使えるとの「与党」の思惑があって、こういう話が浮上しているようです。

私「M10S」は、九州新幹線長崎ルートには極めて問題があり、多額の税金を投じて建設すべきものではないと考えています。

まず、九州新幹線長崎ルートとはどんなものなのでしょうか?

詳しくは、「佐賀県」のホームページをご覧いただいたがいいですが、簡単に言うと博多から長崎までの新幹線で、

①「博多~新鳥栖」間は九州新幹線鹿児島ルートと共用(フル規格・軌間1435mm)
②「新鳥栖~武雄温泉」間は在来線利用(在来線規格・軌間1067mm)
③「武雄温泉~諫早」間は、新規建設(トンネル等構造物は新幹線規格、軌間1067mm)
④「諫早~長崎」間は在来線利用(在来線規格・軌間1067mm)

という計画です。少なくとも私の理解する範囲では。

何でこんな書き方をするか?長崎県のホームページを見てください。

Map02

ルート図を見ると、下に小さくこう書いてあります。

長崎~諫早間は「橋やトンネルなどの構造物は鹿児島ルートと同じ新幹線規格で整備する。レール幅を標準軌で敷設するか、狭軌で敷設するかは開業までに決定されます

??? 開業までにはそりゃ決定するでしょうが、佐賀県の説明とは違いますね。

これは着工が決定してから長崎県のホームページに出てきた話ではなく、ずっと前から出ています。

私が長崎ルートに疑問を持ち、いろいろ調べ始めてまずおかしいと思ったのはここです。

鉄道を建設する場合、軌間を何mmにするかって、ものすごく大事なことではないでしょうか?
莫大な金をかけて新しい鉄道を整備する大きな理由に、「時間短縮」があると思いますが、狭軌と標準軌では当然最高速度から違ってきますし、それで現状から何分短縮できるか、という重要な問題につながってくると思うんですがね。

こういう大事な問題が明らかにならないまま、2700億円税金から出せますか??

長崎ルートの疑問点その1:「武雄温泉~諫早」間は、いったい軌間何ミリで建設するのか??

このシリーズでは、こういう形で長崎ルートの問題点を浮き彫りにしていきます。(続く)

« 朝のJR鳥栖駅 | Main | 動画シリーズ8・ED76貨物列車 »

Comments

だいたい全線フル規格で作っても、さほど時間短縮効果がないと来ているのに・・・フリーゲージトレインだと、軌間変更に時間をとられてその分スピードを落とさなきゃなんないし、だいたいそのフリーゲージトレイン自体、まだ完全にはでき上がっていないモノだったりするのに・・・

2700億円の税金投入・・・

「土建屋万歳政策」ここに極まれり、ですね。

もちろん、この税金投入で佐賀・長崎の両県の経済にプラスになるなら、まだマシなんですけど・・・どうせほとんどは大手のゼネコンが取っちゃって、現場で作業する下請け孫請けにはほとんど利益も出ないんですから、話になりません。

私のブログ(http://blog.livedoor.jp/r_kanako/)でも触れましたが、現在の長崎線を高速化した上で「かもめ」の停車駅を絞り込むほうが、余程合理的だと思います。

こんなことを決める政府をリコールできないのが、歯痒くてなりません。

たしか、九州新幹線鹿児島ルートや、北陸新幹線も、最初、「スーパー特急」で作り始めて、いつの間にかフル規格になっていました。

こういうことをするために、わざと軌間をあいまいにしているかもです。

カナコさん

フル規格なら時短効果はたしかにありますが、現在の長崎新幹線の着工時のJR、佐賀県、長崎県の三者合意が元から崩れ、さらに西日本新聞によると工事費が4000億円に跳ね上がるらしいので、まず不可能でしょう。

政府をリコール?簡単です。
次の国政選挙の時によく考えましょう。何に使われているかよくわからない道路財源をそのまま温存したのはどこの政党か?姥捨て山といわれる後期高齢者医療制度を認めたのはどこの政党か?国鉄末期の我田引鉄ならぬ我田引「新幹線」を推進しているのはどこの政党か?「恒久的」な所得税減税をやめて「暫定」的なガソリン税を残したのはどこの政党か?社会保険料を上げて年金を減らしたのはどこの政党か?
投票する前に思い出してみればいいことです。

leavesさん

新聞にもそのような指摘がありました。
要するにスーパー特急で着工を決めて、あとはうやむやのうちにフル規格に格上げするらしいですね。

ただ、長崎新幹線のがフル規格となると、博多~佐世保間の在来線特急はどうするのかとか、工事費以外の問題もけっこうあって、むつかしいと思いますよ。
はっきりはわかりませんが、鳥栖~長崎間の在来線すべてが「並行在来線」なんてことになれば、まず佐賀県は維持できないでしょうね。

レール幅を標準軌で敷設するか、狭軌で敷設するかは開業までに決定されます

開業までに決定されなかったらおもしろいのに・・・・・

しかし馬鹿な答えですね。
そんなこと幼稚園の子供でも分かりきってることやわな~
道路でさえ、設計速度が決まらないことには、図面が書けまへん!
佐賀県か長崎県か知らんけど、県庁の職員はアホしかおらんのやな~
ま、それは三重県も同じやけど・・・・私なんか毎日のように県職員や市職員と喧嘩してますわ。


三重県では前の知事が、名古屋から南紀方面にミニ新幹線を、などと非常識なことをぶち上げたことがありまんねん。
名古屋から三重県方面は、JRよりも圧倒的に近鉄名古屋線の輸送量が多いことは三重県人なら誰でも知っていることなのに・・・・です。
その人は知事を辞めて、時々テレビにも出ていますよ。
三重県を引っ掻き回すだけ引っ掻き回しておいて、ご自身は早稲田の教授に納まってます・・・・。

急行くまのさん

とにかく佐賀県や長崎県のホームページは疑問だらけです。
まだ国土交通省とかを見ていないので、これから調べてみるつもりです。

新幹線は便利ですが、政治の道具に使われてしまっているようですね。
長崎県の「原爆しょうがない」発言で辞職したナントカという国会議員がフル規格やミニ新幹線を推しているようです。
今度は「新幹線はしょうがない」とでも言うんでしょうか??

全線フル規格なら40分だし時間短縮効果はありますよ。
逆に中途半端なものが一番効果ない。
一切作らないかフル規格で作るかのどちらかがいいと思いますよ。

しい様

御訪問&コメントありがとうございます。

御指摘のとおり、フル規格でつくるのが一番合理的なのは否定しません。
しかしながら、フル規格でつくれば工事費は跳ね上がる、その負担は我々佐賀県民にも跳ね返ってきます。
そしてフル規格になれば並行在来線の問題も出てきます。
通勤や通学といった日常の足を維持するため、3セクでやろうとすればこれまた佐賀県民は負担を強いられます。

都会の方は便利になったと思うだけでしょうが、地元はそうもいかんのであります。

秋田新幹線みたいにミニ新幹線にすれば、軌間変更で時間をとられる事もないですよね。
武雄温泉-諫早間は、すでに造り始めているので、新鳥栖-武雄温泉間に1本線路を敷いて、1435mmにすればいいでしょう。

yfnnhfbhbj様 ご訪問&コメントありがとうございます。

ミニ新幹線にしなかった理由、おそらく佐賀県の負担の問題ではないかと思います。
人口も少ない、とくにこれといった産業や観光もない佐賀県にとって、たとえミニ新幹線の工事費でもかなりの負担になる、
そしてその割に佐賀県が享受するメリットは少ないうえに、通過されるだけになってしまう。

そこで新鳥栖~武雄温泉間は在来線利用とし、カーブの多い有明海沿いを通らずに済む諫早までを新幹線規格でつくり、時間短縮を図る。
フリーゲージトレインにすれば、車体側にコストをかけて佐賀県は工事費を少なくすることができますから、おそらくそういう政治的な事情ではないかとにらんでいます。

いずれにしても、佐賀県で心の底から新幹線がないと困る、と思っている人はそう多くはないと感じます。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

« 朝のJR鳥栖駅 | Main | 動画シリーズ8・ED76貨物列車 »