無料ブログはココログ

Nippon blog mura

Kagoshima Line photography place guidance

  • テンハル(その1)
    鹿児島本線の撮影スポットガイド

Nagasaki Line photography place guidance

  • 立石踏切
    長崎本線の撮影スポットガイド

The Productions

  • 甘鉄の春
    採用作品など

« 415系を追いかけて | Main | キハ58系・九州鉄道記念館号(1) »

Friday, 09 November 2007

キハ20が欲しい!

Viaggirecord01016

先月、島原鉄道を完乗してきましたが、

それ以来キハ20の模型がほしくてたまらなくなっています。



KATOのキハ20は持っているんですが、やっぱりTOMIXのHGも欲しい…



世間では景気回復なんて言ってますが、そんなのは政権政党のセンセイ方か、

そこに政治献金している経団連企業だけだろ!



と思わずツッコミを入れたくなるくらい、

私の財布は景気回復しておりません。




当分キハ20は買えそうにない…

ああ、ただのボヤキになってしまいました。



(写真は島原鉄道・南島原駅のキハ20)
 
 
 

« 415系を追いかけて | Main | キハ58系・九州鉄道記念館号(1) »

Comments

キハ20・・・・懐かしいねぇ。
昔はゴロゴロ走っていたのに、いつの間にか消えてしまいました。
お金がない・・・・庶民共通の悩みです。
議員のセンセイ連中はええのぉ~
同級生の県議でも、ドエリャー羽振りがええよ。
奴は県議でありながら、中部電力の社員なので、給料が二ヶ所から出ているのです!
こんなことが世間では許されるのです。
しかし、彼は私らの前では県議のセンセイではなく、ただの「パシリ」でしかありません。
「おい、タバコ買って来いよ」
「中電の宣伝してるオール電化にしてやったから
鍋を二つばかり持って来てくれ」
さらには、飲み屋で
「○○のボトルがあるやろ?それを出せぃ!」
彼のボトルを空にしておいて
「ママ、もう一本キープしといて!支払いは、あいつやで」
と・・・・・やりたい放題ですわ。

DD51重連の紀勢貨物が、伊勢鉄道経由になることが濃厚です。既に、先週の土日にDD51のテスト走行が実施されました。
関西本線→紀勢本線に入るには、現在の亀山経由よりショートカットになりますし、亀山での方向転換も不要になります。特急、快速は伊勢鉄道経由です。

津以南の時刻が問題です。
現行より早くなれば・・・撮影が難しくなります。

キハ20、KATOはちょっと・・・って感じの出来ですからねぇ、特にTOMIXが出してからは。

同じKATOの20系でも、キハ52はハイグレードな出来なんだから、ここは金型を作り直して新たに出して欲しいな・・・と思っています。

あ・・・ヤフオクでずいぶん前に買ったキハ58と65のカプラーを、KATOカプラーに換えなきゃ。うちではKATOカプラーを採用してしまったので、TOMIXは買いにくいんですよね・・・固定編成組む特急車(キハ181とキハ71)は、TOMIXですが。

急行くまのさん

パシリの県議ですか!ちょっと想像がつきませんね。ふんぞり返っている印象しか思い浮かびません。

重連の時間が変わるとしても、ダイヤ改正に合わせてじゃないでしょうか?
だいたいJR線以外だと、線路使用料が高くつくので少々時間がかかってもJR線を走るほうが、安くつくと思うんですが。

島鉄のキハ20はまだいくつか健在なので、こんど乗りに行こうと思っています。
3月31日まで、九州乗り放題の切符があるんですよ。

カナコさん

まあ基本設計がかなり古いですから、比べるのは酷ってもんです。
私も持ってますが、気遣いなく扱えるんで、あれはあれでいいですよ。
TOMIXのHGなんて、デリケートなんで気を使ってしまい、疲れます。

カプラーは悩みますね。
私は細かい部分までこだわらず、つながって走ればいいと思ってますので、アーノルトで十分です。
HGに気をつかってしまう理由の一つが、あのTNカプラーなんですよ。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference キハ20が欲しい!:

« 415系を追いかけて | Main | キハ58系・九州鉄道記念館号(1) »