無料ブログはココログ

Nippon blog mura

Kagoshima Line photography place guidance

  • テンハル(その1)
    鹿児島本線の撮影スポットガイド

Nagasaki Line photography place guidance

  • 立石踏切
    長崎本線の撮影スポットガイド

The Productions

  • 甘鉄の春
    採用作品など

« 「旅路」最後の九州入り | Main | 島原鉄道を乗る! »

Tuesday, 25 September 2007

桃から生まれた桃太郎

 
 
あんまりよろしくないことですが、子どもにせがまれて買ってしまいました。


普段自分が買いたい放題なので、そういうのをしっかり見ているのでしょう。


少し親として反省しました。
 
 
 
Momotaroh01_2

前から子供が欲しがっていた、エコパワー桃太郎ことEF210です。
 
 
金太郎と並べてみました。電王じゃありません。
 

 
Momotaroh02

側面のルーバーといい、「桃太郎」のロゴといい、最近のプラレールはよくできています。
 
 
「桃太郎」、「金太郎」とくれば次は「浦島太郎」、

そして「竜の子太郎」とくれば…(もういいですね。すいません)

 
 
Momotaroh03

このEF210には、この大物車「シキ」と思しき貨車が付属しています。
 
 
こんなの実物も見たことないですが、首都圏じゃポピュラーなんでしょうかね?
 
 
最近はコンテナ車ばっかりで、機関車が牽く貨車もネタ切れなんでしょうか…
 
 
 
Momotarou04
 
さらにこの大物車、荷物を取り外せるようになっています。
 
 
まるでトミックスの大物車と同じです。
 
 
きっと企画した人は、Nゲージに企画もやっているに違いありません。
 
 
こうして子供のうちから、顧客の囲い込みをするんだろうな~
 
 
 

« 「旅路」最後の九州入り | Main | 島原鉄道を乗る! »

Comments

水曜日は仕事もせずに、DD51の撮影に出かけます。原色重連です。
そのために、今日の忙しかったこと・・・・・
夕方からは携帯に出ませんでした。

プラレール、最近のはブルーが濃いです。
昔は水色でした。

急行くまのさん

まだ原色が運用に入っているんですね!
すばらしい写真を期待しています。

言われてみれば、昔より色が濃い気がしますね。
今のは全部「made in Thailand」です。

私もプラレールで育ちましたが、今のはだいぶ凝ってますねえ。

子供ができたら、子供そっちのけで遊んでしまいそうです。

leavesさん

実をいえば、子どものプラレールの大半は私の趣味だったりします(笑)

昔は様々な貨車があったと思いますが、コンテナ車とタンク車ばかりの昨今、こういうバリエーションは貴重ですね。

シキ、こんなところでみられるようです ↓

http://www.hakanaki-jokei.com/takaoka.html

実際に見たことはありませんが、もし実物を目の当たりにしたら、その存在感に圧倒されるでしょうね・・・

カナコさん

情報ありがとうございます。
機関車と比べてみても、相当デカイですね。
世の中には大きな機械があるもんだ…

NのDD51って、在庫品しかないのかな?
田舎では売ってないですわ。
名古屋で探してみようっと。
KATOとTOMIXのどちらがええのやろ?
両方買ってもいいけど、重連したいしね。
貨車のコキは売ってるん?

急行くまのさん

KATOのDD51‐800番台が28日出荷となっているようですので、今なら店頭在庫はあると思います。
TOMIXのは少し前に再生産があったように思いますので、ちょっと見つからないかもしれません。
コキは9月にTOMIXがコキ50000(グレー台車)とコキ106を再生産していますので、大丈夫と思います。
重連となると、同じメーカーでそろえたがいいでしょうね。
KATOのDD51持ってますけど、いいですよ!お勧めです。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 桃から生まれた桃太郎:

« 「旅路」最後の九州入り | Main | 島原鉄道を乗る! »