無料ブログはココログ

Nippon blog mura

Kagoshima Line photography place guidance

  • テンハル(その1)
    鹿児島本線の撮影スポットガイド

Nagasaki Line photography place guidance

  • 大楠踏切
    長崎本線の撮影スポットガイド

The Productions

  • 800系運転台
    採用作品など

« August 2007 | Main | October 2007 »

September 2007

Tuesday, 25 September 2007

桃から生まれた桃太郎

 
 
あんまりよろしくないことですが、子どもにせがまれて買ってしまいました。


普段自分が買いたい放題なので、そういうのをしっかり見ているのでしょう。


少し親として反省しました。
 
 
 
Momotaroh01_2

前から子供が欲しがっていた、エコパワー桃太郎ことEF210です。
 
 
金太郎と並べてみました。電王じゃありません。
 

 
Momotaroh02

側面のルーバーといい、「桃太郎」のロゴといい、最近のプラレールはよくできています。
 
 
「桃太郎」、「金太郎」とくれば次は「浦島太郎」、

そして「竜の子太郎」とくれば…(もういいですね。すいません)

 
 
Momotaroh03

このEF210には、この大物車「シキ」と思しき貨車が付属しています。
 
 
こんなの実物も見たことないですが、首都圏じゃポピュラーなんでしょうかね?
 
 
最近はコンテナ車ばっかりで、機関車が牽く貨車もネタ切れなんでしょうか…
 
 
 
Momotarou04
 
さらにこの大物車、荷物を取り外せるようになっています。
 
 
まるでトミックスの大物車と同じです。
 
 
きっと企画した人は、Nゲージに企画もやっているに違いありません。
 
 
こうして子供のうちから、顧客の囲い込みをするんだろうな~
 
 
 

Tuesday, 18 September 2007

「旅路」最後の九州入り

 
先日、JR西日本広島支社の12系和式客車「旅路」が運用廃止前の

最後の九州入りをしましたので、記念にと撮りにいきました。
Tabiji01

深夜に鳥栖駅へ来て、早朝に大牟田へ向け出発という行程でしたので、

まずは鳥栖駅で撮影。



夜は明けていましたが、前日の雨の影響で雲が多く、ちょっと暗い構内でした。

Tabiji02

大牟田へ向け、発車間際の「旅路」。紅葉色の車体が目立ちます。



鳥栖駅には10人余りの方が撮影をされていましたが、皆さん気合満点、

カメラも高そうなのが並んでいました。



もちろんコンデジで撮影しているお気楽なファンは私だけでした。

ちょっと恥ずかしかった…

Tabiji03

大牟田からの上りを待ち構えて撮影。


ホントは機関車といっしょにカッコいい構図を狙っていましたが、

未熟さゆえのミスショットで大失敗。


というわけで後撃ちです。

多少失敗はありましたが、

「旅路」の最後の勇姿をこの目にしっかりと焼き付けることができました。



それにしても、また客車が消えてしまいます。


電車や気動車が便利なのはわかりますが、客車のよさもあると思うのですがね…

 

Sunday, 16 September 2007

鹿児島本線ゴールデンタイム

二日市~鳥栖間でのこの時間帯を、私は密かに、「ゴールデンタイム」と呼んでいます。



私が撮影のためにいた9:30~10:30までの1時間だけでも、

「ゆふいんの森」から「はやぶさ」まで、7本の特急が通ります。

新しく撮影場所を開拓しようと、ちょっとうろついて撮ってみました。


Cimg0518_2

キハ72系「ゆふいんの森」。

このあたりは少し上り坂で、勇ましいエンジン音とともに駆け抜けていきました。


Cimg0521

813系。

これの直前に来た「みどり・ハウステンボス」はミスショットで撃沈…


Cimg0524

場所を変えてみました。


鳥栖貨物ターミナルへ向かう4095レ。



Cimg0525

調子に乗って後撃ち。(ホントは貨物で足が遅いからこその産物)


Cimg0533

787系「有明1号」。ちょっと地味かな…

本当は「はやぶさ」まで撮って帰ろうかと思いましたが、

子供の迎えの時間が迫ってきたので、やむなく撤収しました。



次回(いつになるかわかりませんが)またこのゴールデンタイムに挑戦します。
 

Thursday, 13 September 2007

気になる新製品

マイクロエースから、気になる新製品が出るようです。

http://www.microace-arii.co.jp/

なんと、JR九州で復活した国鉄色のキハ66&67がセットで出るとのこと。
気動車好きの私としては、気になる製品です。

以前発売されていたJR九州更新色のセットをオークションで探していたのですが、最近マイクロエースが再生産もやりはじめたので、いつかまた再生産があることを期待していました。

今回は国鉄色なのですが、国鉄色に文句があろうはずがありません。
楽しみにしながら、貯金にはげむことにします。

Sunday, 09 September 2007

新車導入(EF81-300番台)

久しぶりに当鉄道へ新車が配属されました。


TOMIXのEF81-300番台です。


Ef813031

















背景が恐ろしく似合っていませんが、レイアウトに置いて撮ってみました。


ステンレスの車体がどういうふうに表現されているか興味深いところでしたが、

光り輝くボディーは想像以上の美しさでした。



実車はもう少しくすんだ感じですが、国鉄時代の写真ではこういう雰囲気だったかと思います。

まさに「銀罐」の異名にふさわしいたたずまいです。


Ef8130302

真横からのショット。



製品はJR以後の姿を表現してあります。

ナンバーは303号機にしました。



実際に目にしたことのある機関車が、こうして模型で手に入れることができる…

これもまた鉄道模型の楽しさのひとつと思います。


Ef8130303

JR貨物のローズピンクのEF81と重連させてみました。



金太郎の門司配属でこういう光景も少なくなったようですが、

また門司へ出かけて重連を見てみたいものです。



これで当鉄道のEF81は、400番台(JR九州仕様)、400番台(JR貨物仕様、重連)、300番台と合計で4両そろいました。



活躍させてやることのできる、大きなレイアウトがほしいものです。
 

Saturday, 08 September 2007

新レイアウト構想

まだ、今のレイアウトが完成したわけじゃないのですが、ある程度の完成度まで達してくると、次回作の構想なんてのもぼちぼち出てきます。

備忘録的に、少し書いておきます。

1.電化した路線

 今、製作中のレイアウトは、久大本線をモデルにしているので、当然ながら非電化です。
 ところが、手持ちの車両を見ると以外に電気機関車が多い!
 というわけで、電化した路線にしようかな。


2.レイアウトの広さ

 電化すると電車を走らせたくなる、機関車を走らせるならコンテナ貨車を牽かせたい、となると、レイアウトもある程度の広さがほしくなります。

 でも!住宅事情からそうそう広くはできません。

 現に、今レイアウトをおいている部屋も、いずれ娘の部屋として明け渡さなければなりません。

 レイアウト用地の確保、それから理想的な広さ、この相反する要素を両立させるのは、簡単ではありません。


3.貨物駅をつくりたい

 よく近所の貨物ターミナル駅に行くせいか、活気ある貨物駅をつくりたいと思っています。

 もともと国鉄の操車場を眺めるのが好きだったせいか、コンテナ貨車に限らず、貨車が好きなのであります。

 古いタイプも貨物駅もイイ!最新の着発線荷役方式のコンテナヤードもイイ!

 でも!前述のスペースとの兼ね合いもあるでしょう。


4.複線はどうだ?!

 模型を走らせるときは、ひとつの列車をじっと追いかけて見るのが好きなので、別に単線でもかまわないんですが、せっかくつくるなら複線でもいいか、という程度です。


いろいろ書きましたけど、今のレイアウトの製作意欲は十分あります。


もっと手をいれたいところがあるので、こういう構想を暖めながら、作業を続けていきたいと思います。


Nrayout
 

Monday, 03 September 2007

ウェブサイトをリニューアル

前々から気になっていて手をつけていなかった、ウェブサイトのリニューアルをようやくやりました。


あちこちの鉄道系のサイトを見て、自分のサイトのあまりのレベルの低さに嫌気がさしていましたが、見苦しくないレベルには改善できたかな、と思います。


まずは手持ちのNゲージ車両を、整理を兼ねて順次アップしていきます。


ブログでやってもいいんですが、ブログの場合古くなった記事は検索しにくく、忘れさられるような感じもしますので、サイトで整理をすることにしました。


まだ、いろいろ企画はあるんですが、マイペースで更新していきたいと思います。

というわけで、ウェブサイト版「La stazione di M10S」もよろしくお願いします。



ご覧になった感想等あれば、メールもしくはここのブログにバンバン書き込んでください!

« August 2007 | Main | October 2007 »