無料ブログはココログ

Nippon blog mura

Kagoshima Line photography place guidance

  • テンハル(その1)
    鹿児島本線の撮影スポットガイド

Nagasaki Line photography place guidance

  • 立石踏切
    長崎本線の撮影スポットガイド

The Productions

  • 甘鉄の春
    採用作品など

« JR鳥栖駅レポート(1) | Main | JR鳥栖駅レポート(3) »

Wednesday, 15 August 2007

JR鳥栖駅レポート(2)

前回からの続きです。

  812tosu05












運転士の方が機関車に乗り込み、ED76のパンタグラフが上がり、ブロワーの音が響いてきました。


電気機関車では何と呼ぶのかわかりませんが、クルマでいうところの「アイドリング」状態です。

運転士さんはこの後、連結器や下回りを点検されていました。

いよいよ出発の時間が迫ってきました。



812tosu06












午前6時17分、特急「なは」&「あかつき」が鳥栖駅6番ホームに滑り込んできました。



きょうの牽引機はED76-66号機です。



812tosu07












停車すると、さっそく列車の分割作業が始まります。


貫通幌をたたんで、連結を外す準備をしています。



ここには写っていませんが、列車から降りて作業を見学してる人、駅で待ち構えて作業の様子を撮影する人など、10人ほどの見学者がいました。




812tosu08











先発する特急「なは」のサボ。


今やクラシックを超え、貴重な存在となってきました。


流行の電光式にはない「味」がありますね。




子供の頃は「熊本」という字を見ただけで、「遠くへ行くんだなぁ~」といろいろ想像していました。




812tosu09












午前6時23分、ギャラリーに見送られて特急「なは」が熊本へ向け出発します。

熊本駅まであと1時間あまり。ゴールはもうすぐです。(続く)
 

« JR鳥栖駅レポート(1) | Main | JR鳥栖駅レポート(3) »

Comments

楽しいですね。
分割併合作業。

みんな集まると言うことは、魅力があるということですね。

私は、普段青い機関車しか見ないので、赤い機関車が沢山見れて、よかったです。

夜の併合作業も一度行きましたが、
かなり楽しいですよ。
時々、飲んだ帰りのサラリーマンが携帯で写真を撮っているのをみかけます。

赤い機関車、ここらでは76ばかりなので、たまに81とか来てくれないかな、と思います。
金太郎が来たので、ここらにも単機で貨物牽引に来ないかと期待していましたが、関門で使う以外は廃車もしくは富山に転属してしまい、76だけが引き続き使われています。

今夜は、三重県南部の町熊野市の花火大会です。
三重県では一番有名な花火大会です。
毎年、多くの人が見に行きます。
この途方では、毎年8月17日は南部に行く仕事はキャンセルします。国道42号だけしかないので大渋滞です。何年か前に、この花火大会のツアーを企画したバス会社が渋滞の予測が甘く、結局花火の時間までに熊野市にたどり着けず、途中で弁当だけ食べて引き返して来たことがありました。

行くならJR利用が確実です。
しかし、臨時列車も含めて指定席は発売と同時に売り切れ状態です。
今夜の上り列車、つまり花火を見終わって、津方面に帰って来る列車は臨時が10本以上走ります。
ワイドビュー南紀の臨時便、全車座席指定の急行「熊野花火大会」、快速、普通など・・・・
夜間なので撮影できませんが。

花火大会ですか、いいですね!
人さえ少ないなら最高なんですけど(笑)

夜間の撮影は無理でも、昼間から夕方にかけても
臨時列車はたくさん走るんではないですか?

そうです、昼間の下りを狙えばいいのです!
気が付くのが遅かったわい。

臨時急行もキハ85系を使用した列車だそうです。
そうだわな・・・・国鉄急行色のキハ58が走るわけないし。臨時特急とは、ダイヤ上の所要時間の差でしょうかね。
快速は、キハ75が4連で紀勢本線に入ったみたいです。キハ75が多気以南の紀勢本線に入るのは珍しいです。

急行くまのさん

鉄道ダイヤ情報に、詳しい時刻がたくさんついていましたね。

キハ75系、キハ40系、キハ11などが使われたようです。
来年リベンジしましょう!

M10Sさんお久しぶりです。8月に入ってやっとまともな休みがきました。熊野市花火の臨時列車(キハ48,47×6 キハ11×6 紀勢本線を走るキハ75形)などを撮影したかったのですが生憎仕事で・・・(T T)。

やっぱりサボはLEDより方向幕ですよね!よく使う幕は黒く汚れ、年季すらかんじます。(戦いの年季の違いを・・・ってまたジョジョネタです)あかつき、なはの分割堪能させていただきました。寝台特急の分割をNゲージで再現しようと客車のカプラーを開放ランプレールで反応するように改造したものの、うまくいかなかった経験があります(涙)。


 

道化サボテンさん、ごぶさたです!
お元気でしたか?
お仕事お疲れ様でした。

機関車の連結と解放はNでも簡単にできますが、客車は難しいですね。
でも、分割併合のブルトレが増えた昨今、そういうことができるモデルが出てほしいと思います。
あっ、コンテナ貨車の分割もしたい…

ただいまパソコンの不調でまだアップできていませんが、「あかつき」発車まできっちり撮っていますので、今しばらくお待ちください。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference JR鳥栖駅レポート(2):

« JR鳥栖駅レポート(1) | Main | JR鳥栖駅レポート(3) »