無料ブログはココログ

Nippon blog mura

Kagoshima Line photography place guidance

  • テンハル(その1)
    鹿児島本線の撮影スポットガイド

Nagasaki Line photography place guidance

  • 立石踏切
    長崎本線の撮影スポットガイド

The Productions

  • 甘鉄の春
    採用作品など

« レイアウト工作(3)畑の改善 | Main | JR鳥栖駅レポート(1) »

Monday, 06 August 2007

レイアウト工作(4)畑の改善と植林

しばらく更新していませんでしたが、地道にレイアウト製作は続いています。



Cimg0344












前回で御紹介したレンゲ畑の改善を、すべてのレンゲ畑に施しました。

おかげで、レイアウト全体の質感があがったといいますか、グッと雰囲気がよくなったように思います。

コースターフが足りない部分は、木工ボンド水溶液にコースターフをじゃぶじゃぶ漬け込んで、それを筆で盛りつけるようにしてカバーをしました。


これで、「ピンクフラワー」の根元の黒いベースや、人工芝が丸見えになることを防いでいます。



これがなかなか効果的で、ごらんのような仕上がりになりました。

Cimg0354












農家の裏手には、トミーテックの情景コレクションから、「竹林」を植えてみました。



が、まず竹の葉を表現するフォーリッジの色が暗めな上、枝の表現もいまいちで、

ちょっとパッケージの写真の比べてみてもちょっと???といった感じです。

これは竹林のベースと共に、何か改善したいところですが、当面このままにしておきます。



農家の裏手に竹林なんて、ちょっと山手の農村みたいですが、平野部の集落でも見かけないこともないので、よしとしましょう。



地方在住なだけに、こういう農村の表現にはちょっとこだわりたいのです。

Cimg0356












背景がマズいですが、KATOのキハ20+キハ25を走らせてみます。


当レイアウトの主要なテーマ、春の筑後平野の雰囲気を感じていただくことができるでしょうか?

この風景を見たのが20数年前、そしてレイアウト着工が2年前。


ようやくここまでたどり着くことができました。

Cimg0353












続いて、集落の前を通り過ぎる列車ごしに。



竹林そのものにはちょっと不満なところもありますが、


こうしてレイアウトに置いてみると風景に広がりがでてきたように思います。



また、この集落の裏手には駅があるのですが、このように視線を落とすと駅があるようには思えません。




小さいレイアウトですが、こうして視線を落として見れば少なくとも風景的には小さいという印象はありません。




こうしてデジタルカメラで一部分を切り取ると、

わずか600㎜×900㎜のレイアウトとは思えないくらいの広さを感じます。

« レイアウト工作(3)畑の改善 | Main | JR鳥栖駅レポート(1) »

Comments

着工からここまで2年ですかー。

大変な道のりでしたね。

ご家族のご理解もあるようで、うらやましいです。

leavesさん

途中で工事が滞っている時期もかなりあります。
実際は半年もかかっていないんじゃないかとも思います。

趣味ですからあわてて作らなくでもいいんですが、いきおいで一気に作るのもいいかもしれません。

家族の理解のためには、普段の行動が重要です。
飲む、打つ、買う(模型は買いますが)などはもってのほか。
家事は積極的に手伝う、たまには奥さん一人で遊ばせてやる、などさまざまな懐柔策を駆使しています(笑)

ちょっとのアクセサリーで、情景にぐ〜んと広がりが出ますよね。
レイアウト製作に焦りは禁物。
盆栽とまでは行かなくても、ガーデニングのように、細く長く、着々と、進めるのがコツだと思います。

どんどん、良くなっていきますね。
わくわくします。

くまどんさん ありがとうございます。

ガーデニングとはいい例えですね。
私も盆栽に近いなとは思っていました(笑)

あと細かいアクセサリー(電柱、標識、ガード
レール、フィギュア等々)ですが、ここからが
難しいように感じています。
信号機もつけないといけませんが、実物の知識
に乏しいので、どこにつければいいか迷ってい
ます。

信号機は、複線の場合、日本は左側通行なので左側につけますが、単線だと対向した両側に要るので、一体どこにつけようか?と迷いますね。
場所も、ピンと来なくて、私は駅のホームの端や、トンネルの入り口付近、ポイントの近くという感じで適当につけました。

小物は、普段の観察不足を身にしみて感じました。
踏切の遮断器って、どっちから降りたっけ?とか、踏切の制御箱ってどの辺にあったっけ?とか、、、

でも、細かいアクセサリーでレイアウトを充実させていく段階が、とっても楽しい段階だと思います。

やっぱり、わくわくします。

くまどんさん、返信おそくなりましてすみませんでした。
パソコンの不調やら外出やらで、すっかりブログ放置でした。

信号機の位置は今のところ、駅の出発用と渡りポイントのところに設置しようと考えています。
アクセサリーはなくても困りませんが、あるのとないのとではレイアウトの完成度が圧倒的にちがいますね。
地道にがんばっていこうと思っています。
また何かアドバイスがありましたら、よろしくお願いいたします。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference レイアウト工作(4)畑の改善と植林:

» ラニーニャ現象 [デジタルカメラ]
皆、知っているかな? デジタルカメラの歴史は意外と古く、1981年ソニーが磁気記録方式による「マビカ」を発表したことからはじまります [Read More]

« レイアウト工作(3)畑の改善 | Main | JR鳥栖駅レポート(1) »